娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

猫は78円 /  娘の再検査

 「動物の命の価値がたったの78円?」
 

e0355140_22400480.png




かわいがっていた捨て猫が殺処分されたことをきっかけに、

動物が廃棄物のように殺される現実を知った小学6年生の女の子が、

「胸がはりさけそう」な衝撃と命の重さについてつづった作文

「78円の命」が、愛知県豊橋市で大きな反響を呼んでいる。

この作文を小・中学校の道徳教材として活用することを決定したそうだ。

 作文は、豊橋市立青陵中学校1年の谷山千華さんが

小学校6年生の時に書いた。

かわいがっていた捨て猫が子どもを産んだことから始まる。

ある日、子猫がいなくなり、殺処分されたことを知った。

初めて聞く“殺処分”という言葉。

「死んだ後はごみのようにすぐに焼かれてしまう。

動物の処分、1匹につき78円」という現実に

胸が張りさけそうになったと綴られている。

千華さんは、子猫を探して鳴き続ける母猫を抱きしめながら

命の重さを考え続け眠れない夜を過ごし、最期まで育てる自信が

なければ飼ってはいけないことを学んだそうだ。

これが現実・・かわいがってもらっている動物の裏側を

見た思いがする。

人間のエゴに振り回されている弱者の姿。

と言っても「お前は何ができるか」と聞かれたら

ちっぽけな事しかできない。

ちっぽけでも みんなでできる事をやってったら

少しずつ大きな力につながって行くと信じたい。


[肺の検査]

 ドッグドックから数えて3回目の肺の検査。

この前は「少し小さくなっています。様子をみましょう」

と言われ今日、再検査に行った。

レントゲンを見せられて

先生「ドックの時・この前・今日と診ていったら

   今日はなくなっています。」

私 「不思議ですね」

先生「違う所に影がありますが、転移では

   ありません。」

ということで暮れにまた検査をすることになった。

淡々と書いているように見えるかも知れない。

複雑な気持ちだがしっかり受けとめていきたい。







 

[PR]
by wkxpn725 | 2015-10-21 23:09 | Comments(0)