人気ブログランキング |

娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

左の靴底を補正したよ・白菜の漬物が来るかも

e0355140_18063965.jpg
昨日リハビリで靴底に黒いゴムシートを貼った。

見かけはゴム磁石みたいだ。

療法士がゴムシートの大きさや形や貼る位置を
考えて靴底に貼って行く。

なぜ、こんな事してもらっているのかって?

左足首が歩くと痛くて外向きになるし、
足の指に力が入らないので悪くすると
後ろに倒れる恐れがある。

左足の欠点を補うためにゴム(厚さ1mmと2mmがある。)をハサミで切って靴底に貼っていくのだ。

方法は私の足踏みする様子を療法士が見て
ゴムをハサミで切って靴底に貼る。

1枚貼った後、また足踏み。

「さっきと比べてどうですか?」と訊かれ

「前よりいいです。」とか

「さっきのほうが歩きやすいです。」とか話すと

貼る位置を変えていく。

ゴムの厚さも二枚重ねにしたり

貼る位置を替えたり・・1時間以上時間をかけて
ゴムを貼っていった。

今日のリハビリでもゴムを切って
位置を考えて貼ってくれた。

相変わらず足首はズキッという痛みがあるが、

それでも昨日より今日のほうが少しましかな。

頑張る👊✨しか、ないか❕😃⤴



<白菜の漬物が来るかも?>

昨夜ナースステーションに左足を冷やす
アイスノンをもらいに車椅子♿で行った。

そこに公衆電話があるのだが、

おじさんが「電話かからないよ」と言っていた。

公衆電話では非通知だからかからないという
事だった。

おじさんは看護士に
「病院の電話でかけてほしい。」とお願いしたが
「私用の電話だから掛けられません」と
言われてしまった。

おじさんは困っていたが😢🆖⤵
病室に向かって歩き出した。

私用の内容は知らなかったが
おじさんに「何を話したいのですか?」
と訊くと
「この前、白菜をみんなに分けたら又、食べたい」
と言われたから家に電話したいと・・。

そこで私が電話したが留守でかからなかった。

後で掛けなおす約束をしておじさんに病室番号と名前を聞いて別れた。

p.m6:00頃電話したら留守電だったが用件を言い7時過ぎに電話すると奥さんが出た。

白菜の話をすると笑って「分かりました」と
快い返事がかえって来た。

すぐおじさんの部屋に行き
「お母さん、白菜持って来るそうですよ」
と伝えると
「後で持って行くから名前は?病室は?」
と訊かれた。

でも「いいんですよ、困って😖💧いる時はお互い様ですから気にしないで下さい。」
と話して部屋に戻った。

すぐお節介?をやきたくなる性分の私。

すぐ声を描けてしまう。

奥さんも部屋の番号を訊いてきたし・・

白菜はいらないのに👋😞🍴・・・

気持ちだけで充分だよ。











by wkxpn725 | 2017-12-14 21:29 | Comments(0)