娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

犬の里親詐欺の見極め

今日は物騒なテーマ「犬の里親詐欺の見極め方」本当にイヤだけど、人を信じたいけど、でも、でも、「念には念を入れよ」という言葉があるように。
里親詐欺ってどういう人がやるの?
本当は大切に飼おうと思っていないのに、犬猫の里親になって、虐待したり転売したり繁殖させたり棄てたりする詐欺のことだそうだ。こんな短い文だけど、恐ろしいことだね(-_-;)これには2通りの人たちがいる。里親の希望者が行なう詐欺犬猫を譲渡する個人や団体が行なう詐欺がある。(この看板はとあるペットショップに今、置かれている。記事を読むと里親詐欺をしたのは28歳の女性だった。)
e0355140_23495873.png
1つめの「
里親の希望者が行なう詐欺」はそういった環境を悪用して、犬や
猫を入手し、一切世話をせず、虐待、転売、繁殖などを行ったりする。

2つめの「犬猫を譲渡する個人や団体が行なう詐欺」は逆に里親になろうとしている人から金銭をだまし取ったりする詐欺のこと。


譲渡する人たちの詐欺の例

①多額の交通費の要求

運搬費用をお願いしますという団体はあるけれど、
それ以上の額を要求する所もあるという。
ちなみにボーのボランティア団体は避妊手術代とワクチン代だけだったと思う。

 でも、横浜に行った帰りに高速をとばして夕方ボーを連れて来ていただいたので代表ともう一人の方にケーキとお茶を出し、気持ちを添えて渡したよ。

そして1カ月のお試し期間を設けてもらった。


大きいワンボックスカーで里親会の帰りだったようで里親会に参加したワンちゃんたちを1時間ほど待たせちゃったね。

「でも、仲間のボーが幸せになるなら いいか」という気持ちでみんな、待っててくれたのかな(^_-)-☆

私と代表とドアの前でボーをはさんでデジカメで撮った。

今でも忘れられない思い出だ。

後で代表に近況報告の手紙と画像を送ったよ。

ボーは「何でここの家に来たの?」とかしこまっていたね。


譲渡前の治療代

③寄付金を支払ったのに動物は来ない


里親の希望者が行なう詐欺の例

トライアル中の犬が子供を噛んだと金銭を要求

②かわいがると言いながら売ってしまう

③記入した書類が出鱈目で犬も里親も行方不明

その他として
譲渡してもらったが、

飽きたので、別の犬が欲しくなり棄てた。

想像していたよりも手間がかかり、懐かないから閉じ込めて、

餌も与えなかった・・

まさにネグレクトだね(-_-;)



e0355140_22004090.png


里親詐欺に合わない方法

①直接 里親に会う

里親に会って確認しても こんな事件になってしまったという事件を転載する。
拡散希望」川崎猫虐待虐殺事件 ○○被告 懲役3年・執行猶予5年
(詳細は下記のリンクを見て下さい)

こんな状態ではボランティアの方々も誰に譲ったら幸せになれるか、

分からなくなって 里親不信になりそうだ。

誰を信じていいのか(-_-;)(-_-;)


「里親に託して幸せにしたい」と真剣に考えてるボランティアの気持ちを

逆なでする事件で何とも言えない憤怒と憎悪の念に駆り立てられる!!


②住所はもちろんのこと、室内も確認

③トライアル期間を設ける


でも、この3つでも不安は残る、
本当に大事に最期まで飼ってくれるのだろうか?

団体によっては、どんな飼い方をしているか、
時々報告をお願いしてる所もあるけど。

それでも不安はぬぐい切れないのが
良心的なボランティア団体の本音だろう。

考えたらきりがないけどね。

愛情たっぷりの里親に譲りたいし、

里親は里親で良心的なボランティア団体から譲り受けたいだろうね。

我が家のボーを時々里親会の会場に連れて行き、報告したり支援物資や寄付金を届けたりしたよ。

それも今は懐かしい思い出だ。

また、代表に会いに行きたいなあと思っていたのに残念だ(-_-;)










[PR]
by wkxpn725 | 2018-10-04 23:50 | Comments(0)