娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

山芋のお好み焼きと魚スープ

<山芋のお好み焼き>

山芋と豆腐をメインにしたお好み焼。

山芋と人参はすりおろし、豆腐はつぶす程度にした。

鶏ひき肉・サラダほうれん草・シイタケ・黒ゴマ・だし・小麦粉を加え、

よく混ぜてゴマ油をフライパンに入れて焼いた。


e0355140_19290048.jpg

ミニトマトと大根ときゅうりを添えて出来上がり。


<魚スープ>

マンダイ・ブリ・もやし・ピーマン・シイタケの簡単スープ。


e0355140_19304978.jpg






[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-31 19:45 | Comments(0)

久しぶりにロットワイラーに会ったよ

昨日の夕方、前、記事にしたロットワイラーに会った。

初めて飼い主に2mぐらい離れた所から声をかけた。

足を引きずっていたので聞くと関節炎だという。

以前見た時は元気に歩いていたのに(-_-;)

年は7歳だそうだ。

丸太のように太かった。

骨関節炎になりやすい犬種の1つに載っていた。

病気が進まなければいいなあ。

介護になったら大変だろうなあと考えてしまう。

小型犬でも大型犬でも、大きさはともかく介護は避けて通れない問題だ。





                
 
e0355140_19344197.png



[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-30 19:58 | Comments(0)

鶏レバーのリゾット

福岡のさかい企画から内臓セット(鶏ハツ×2・鶏レバー×2・鶏砂ずり×2)を買った。

そのうちの鶏レバーを使ってリゾットにしてみた。

内臓セットを買うのは初めてだ。

単品は買ったことがあるけれど。



(左からハツ・レバー・砂ずり)
e0355140_21341984.jpg
e0355140_23391058.png


レバー・めかぶ・スナップエンドウ・ピーマン・ミニトマト・しいたけ・人参・

カボチャ・じゃが芋・さつま芋・里芋・玄米ご飯で作った。

後から千切りの大根を添えて出来上がり。

盛り付けの最中にビブラートがかかった声(昨日の記事を参照)を出していた。

よほど早く食べたかったんだろうね、いい匂いはするし・・。


e0355140_21321325.jpg
今日、里子と一緒に田舎へ行ってp.m.7:00頃帰ってきたばかり。

猫のウーちゃんが座っていたソファーに座って匂いをかいでいた。

ウーちゃんの匂いがしみついているんだね。


[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-28 19:55 | Comments(1)

里子の「早くちょうだい」の声?

1月24日の記事にも載せたが「オヤツを早く頂戴」と

言っている時の声がやっと取れた(^_-)-☆

まるでビブラートがかかっているかのような声だ。

キツツキが幹を突っついているようにも聞こえる。

早く食べたくて興奮する時に出すよ。

毎日1、2回は、この声?が聞こえる。

声に気を取られていたので画像がボケてしまった(-_-;)






[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-27 07:37 | Comments(1)

悲しいお知らせ「犬たちを里親に託して・・」

昨年、二匹を里子に出して長野の病院に入った岩下さんが

1月22日に亡くなられたと他の方のブログに昨夜載っていて驚きました。


私のブログの2016年10月7・8日に転載させていただきましたが、

この場をお借りして、ご冥福をお祈り申し上げます。

たしか、まだ50代の若さだったと思います。

人間の命も朝露のように消えてしまう現実を思うと

本当に儚いものだと思います。

傍観者としてではなく、

私自身も同じだと思う昨今です。

岩下さんのブログもフェイスブックも削除されていて

今では見ることが出来ませんがユーチューブに足跡が残っています。

2016年9月にご自分の病気(膵臓癌)の事を知り

余命4ヶ月と宣告されました。

そして里親募集をして新しい家族に二匹を託して

ご自分は長野の病院へと・・。

命は燃え尽きても二匹の犬たちに彼の心は引き継がれている、

二匹は里親の元で元気に過ごしているようです。

この二匹を遺して旅立つのは忍びなく

苦渋の決断だったのは言うまでもありません。


14444593_1205701942822921_7851167725702874767_os_20170125170544efa.jpg


(2013/01/07 に公開)




(2016/03/30 に公開)




(故人のコメントに「よしこちゃん!よしおくん、ちょっと意地悪しちゃいました。」
とあります。ユーモアもある方だったようですね。)





[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-26 13:31 | Comments(0)

大根餅が大根菊芋餅に変身・自動車保険

野菜庫を見たら大根が150gぐらいしかなかったので、

「ちょっと大根餅にするには寂しいなあ、何かないかなあ?」と・・。

もう1回野菜庫を見たら菊芋があったのでこれも入れることにした。

いつもいい加減な発想だよね(-_-;)

干しエビとシラス干しは茹でて塩抜きをした。


e0355140_15271405.jpg

大根と菊芋は千切りにし、熱湯でさっと茹でて水切りをしておく。

それをボールに入れ、人参・小松菜・水菜・葛粉・小麦粉・鶏ひき肉と

混ぜ合わせる。


e0355140_15310596.jpg

水を入れてまとまるようにする。

ゴマ油をフライパンに入れ両面に焦げ目をつけたら

干しエビの茹で汁を少し入れて弱火で蒸し焼きにして完成。

娘は「お母ちゃん、ウッマーイ」という顔をして

「もっとちょうだい」とジィッと残りを見てたよ。


私は醤油でいただいた。

もちもちっとした食感だったよ(^_-)-☆




e0355140_15353421.jpg





4月1日満期の自動車保険の継続の案内が来た。

2月中旬までに申し込むと2500円割引だ。

早速申し込みしようっと・・。



e0355140_15431767.png






[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-25 15:53 | Comments(0)

この味がたまらないようー!

今日のおやつの一つのささみチーズソーセージを手に持つと

興奮して喉を震わせるので音が出る。

その音がまるでキツツキが木を突っつくような音なのだ。

今日も音は聞こえたけれど動画を撮る時は出さなかった(-_-;)残念

でも、大好物だというのは表情に出ている。

(さかい企画のおやつ http://shop.sakaikikaku.com/?tid=9&mode=f131)

           22本入り¥2700(税込)
e0355140_17552605.jpg





* 里子の目については2015年12月28日~31日の記事を参照





[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-24 19:03 | Comments(0)

娘と玄米餅・アルビノレッドコロソマ

今日の娘のおやつはレバーソーセージ・チーズソーセージ・玄米丸餅を少し・


豆乳スープだ。


冨田さんの丸餅は玄米の粒が残っているが、


違和感がなく大変美味しい。


「本物のモチー」といった感じがする。


これを食べたら他の餅は食べられない。


こんなに存在感のある玄米餅は珍しい!


やみつきになってしまった(^_-)-☆


    (左は丸餅の中身、こんな感じになっているが気にならない。1個約¥110)

e0355140_09224757.jpg


里子には小さく小さくちぎって少しだけお裾分けした。


「お母ちゃん、もっと欲しいよ。」と訴えていたが・・。





(今夜撮影したので見えにくいよ(-_-;))





半年ほど前から飼っているアルビノレッドコロソマ。


見かけはピラニアに見えるが肉食魚でなく、


植物食の色が強い雑食で大型の淡水魚だ。


体長は1m、体重は40kgをそれぞれ超えるほどまで達することもあるという。


あっという間に他の魚を追い抜いて只今20cm(横幅)、


厚みも出てきて我が物顔で泳いでいる。


飼育する際は、大きくなっても飼えるか吟味した上で


飼うようにしないと大変なことになる。


大きくなりすぎて熱帯魚店に引き取ってもらう事にもなりかねないから。






[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-23 23:14 | Comments(0)

夕飯はブリとマンダイの卵雑炊・捨て犬のために「列車」が町を走る!

昨日の温野菜も入れて雑炊を作った。

ブリ・マンダイ・カボチャ・人参・水菜・無塩バター1かけ・黒ゴマ・青のり・エノキダケ・

削り節・菊芋・白菜・コーン・グリーンピース・葛粉・玄米ご飯・卵2個・大根。

p.m.8:30完成し美味しそうに食べていたよ。


e0355140_21425765.jpg




暗い話が多い中、こんな明るい話題が載っていた。

日本では無理な話だろうけど、さすがアメリカだね。

広大な土地があり広い道がありオープンな人柄?だから許されるのかな、

受け入れてもらえるのかなと思う。

こんな素敵なことができるおじいちゃんに拍手喝采したい!

冷える1日だったけれど心はポカポカ温まって来た(^_-)-☆

「80才運転手が運行を決めた “心優しい” 理由とは?」

80才のおじいちゃんが運転する、ワンコばかりを乗せた列車! 

「一体何のために?」と思ってしまうが、実はその背景に心優しい理由が

隠されているようだ。

なんと「捨て犬たちに外の世界を見せてやりたい」と、男性はワンコを列車に乗せて町を


走っているのである。(これ、すごくない?こういう発想は普通出来ないよ


なんとも素敵なワンコ列車!


舞台は米テキサス州フォートワース。ここでは毎週、トラクターが数台の二輪車を


けん引する “列車” が目撃されている。


運転手はユージーン・ボスティックさん(80)で、乗客はワンコたち。


二輪車1台1台にワンコたちがチョコナンと乗っかっているのだ。


なんだか遊園地の “子供列車” のように、のほほんとした雰囲気を持ったご一行である。


乗っているのは元捨て犬たちだ。


さてボスティックさんは、なぜこの様な “列車” を運行しているのだろうか? 


その背景には、彼がお世話をしている捨て犬たちの存在があるようだ。


「私と弟は、道の行き止まりに馬小屋を所有しています。そこに人々がやってきて、

犬を捨てていくことがあるんです。私たちはお腹をすかせた犬たちを放っておくことが

出来ず、エサを与えたり、動物病院に連れて行ったりと面倒を見るようになりました」


この何年かで多くの捨て犬を保護してきた彼は、もっと犬たちを楽しませたいと


思うようになった。そこで考えだされたのが、この列車だ!


「ある日、数台の二輪車をけん引するトラクターを目撃して、 “この方法で、犬の列車を作れるじゃないか” と思いついたんです 」と話すボスティックさん。


溶接が得意なこともあって、チャチャッと犬用 “列車” を作り上げてしまったというわけだ。


(スゴイスゴイ!自分でチャチャッと列車を作ってしまうなんて(@_@)




犬たちも “列車” が大好きで週に1、2回の頻度で、


彼は9匹のワンコを連れて列車を走らせている。


町の静かな道を走り、森を抜け、小川に立ち寄るのが通常のルートなのだとか。


ワンコたちはこの小旅行を心待ちにしているようで、


「私がトラクターに二輪車をつなげていると、犬たちは大はしゃぎするんです。

ダッシュで駆け寄ってきて、それぞれの車に乗り込むんですよ」


とボスティックさんは話している。


こんな話なら幾つあってもイイネ!!


一度見てみたいなあ(^_-)-☆


参照元:The DodoZimbio(英語)
小千谷サチさんの記事を転載




[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-21 22:13 | Comments(0)

秋刀魚のみぞれかけ

朝から秋刀魚を焼いてレンジで温野菜を作って盛り付けた。

秋刀魚・大根おろし・人参・白菜・エノキダケ・カボチャ・コーン・グリーンピース。

薄焼き卵・ミニトマト・水菜・柿を添えて完成。

汁物がない時はスープを追加し、膀胱炎にならないようにしている。


e0355140_18155226.jpg

[PR]
by wkxpn725 | 2017-01-20 18:24 | Comments(0)