娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

えっ、どうしたの、事件勃発(@_@)・初めて付けたハーネス

一昨日に届いたハーネスをつけて

昨日は田舎へ出かけた。

田舎から「88歳のお婆ちゃんの具合が悪い」と朝、連絡をもらい、

急ぐ気持ちを抑えながら・・。

片道2車線の右側を走っていた時に事件が起きた。

2台前の車が車線変更して左車線に移動した。

その時は「左に移ったな」ぐらいしか思っていなかったのだが、

私のすぐ前の車も続けて左車線に移った。

続けてウインカーを出し移ったので

左車線の後方の車を見ながら「何か、あったのかな?」

と思い私も左車線に移った。

走っていると右車線を逆走している車とすれ違った。


          (このイラストそっくり。Googleから)
e0355140_00013899.png



混んでいて数珠つなぎだったけれど、

後ろの大型トラックも左車線に移った。

みんな、落ち着いてスムーズに車線変更したので事故には至らなかったが(-_-;)

オー怖い!!

逆走車には、80前後のおじいちゃんが乗っていて

ゆっくり走っていた。

おじいちゃんはビックリ顏ではなく、

困った顏でもなく、

ひょうひょうとした顔つきだった。

私が車線変更し終わると、

すぐ逆走のおじいちゃんの車が通り過ぎたのだから

まかり間違ったら正面衝突していたかも知れない。

何故か、急に現れた逆走のおじいちゃん。

こういう時ってドッキリも左程しないし、

慌てもしないし、

一瞬ウッと思っただけ・・。

それどころか御爺ちゃんの表情を観察しながら

「おじいちゃん、危ないなあ。どうしたのかなあ?」

と冷静に見ている自分がいるのに驚いた次第である(-_-;)




昨日は田舎からの帰りがけに

とある文化会館の広場で散歩した。

おニューのハーネスを緩くし過ぎて

リードの位置が中央からずれてしまった(-_-;)

また、調節しないと(-_-;)

     (下の画像の位置にリードがあればいいのだが、歩くとずれてしまう。)
e0355140_23575708.jpg

2人で散歩していたおばさん達と挨拶し

ボーが里子で目を摘出した事など話すと

「いい子ですね。毛がきれい。」と褒めてくれた。

(ボーが行きたかった短い橋。橋があるなんて気づかなかった。)
e0355140_23582612.jpg

以前はボクサーのお姉ちゃんとボーの2匹を

連れて時々寄った場所だったので感慨深いものがある。

e0355140_23584708.jpg
帰宅後、p.m.8:30頃だったけど、

ボーをシャンプーしたよ。




[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-30 01:06 | Comments(0)

動じないボーちゃん・中国は世界で最大の狂犬病ワクチン接種国(犬食③)

一昨日の散歩の時、秋田犬に会った。

何回か見たことがある子だったが

今回はすれ違ったので聞いてみた。

2歳半の35kgの男の子だという。

もっと重いのかと思った。

おじさんが「吠えないねえ。」とボーを見て言っていた。

全然、動じないボーだった。



           (この子にそっくり。Googleから)
e0355140_03185608.png


今日、出かける時に「ボーちゃん、番隊長お願いしますね。」

と言うとソファーにいたボーは、分かったようで玄関に来なかった。

しっかり番をしていた?寝ていた?ボーちゃんだった。


* 緑は私の意見や感想です。

犬食の話は調べれば調べるほど、どのようにマトメて行こうか、悩む(-_-;)

ボー「お母ちゃん、犬食の続きはどうなったの?」

私 「どこから切り込んで行ったらいいか、困っているんだよ。」

ボー「切り込むなんてお母ちゃん、生意気なこと言ってるなあ。」

私 「それは、そうなんだけど・・」

私 「切り込むのは無理だけど通り一遍のことは言いたくないし。」


そんな訳で犬食の話をする前に中国の狂犬病についてお知らせしたい。

「犬食・狂犬病・中国人」は切っても切れない関係があると思ったからだ。

2012年7月 在中国日本大使館 が狂犬病について

中国の現況を載せている。


1.中国における狂犬病の発生状況等


2011年の中国における狂犬病の死亡者は約1,900人でした。


これは2010年の死亡者数約2,000人と比較すれば減少しているが、


狂犬病による死亡者数は中国での伝染病による死亡者全体の12%を占めていといます。


2005年は何と2500人狂犬病で死亡したという。(在中国日本大使館)


e0355140_16425772.png



 これまで中国滞在中の日本人が感染したとの情報はないが、


2006年、フィリピンで犬に咬まれた日本人が日本帰国後に狂犬病を発症、


死亡する事例が2例発生しました。


日本での発症例は36年ぶりだったそうです。


この話、大ニュースになってたから覚えている。


2.北京市における状況


  北京市における狂犬病の発生状況は、地方で咬まれたケースをのぞけば、


1994年から2004年までは11年連続で発生しておらず、全国から見れば比較的、


狂犬病の発生率が低い。


 しかし、2005年以降は、毎年狂犬病による死亡が発生しています。


 また、北京では、24時間対応の狂犬病指定病院が113カ所あります


(中日友好病院も指定)。


犬等の動物に咬まれた後に狂犬病ワクチンを接種した者は、


今年1月から5月まで、6万人以上います。


人口も多いけど半年もたたないのに、


咬まれて接種した人が6万人なんて


うっかり街を歩けないよう(-_-;)


3.狂犬病について


(1)感染源


狂犬病は、日本では撲滅された感染症ですが


世界中では年間約5万5千人の感染者がでています。


狂「犬」病という名称ですが、犬に限らず、


猫やイタチ等他の哺乳動物からも感染することがあります。


狂犬病に感染した犬等の動物から咬まれることで、


その傷口から唾液中に存在するウイルスが体内に侵入します。


 なお、狂犬病の疑いのある動物になめられただけでも、


その部位に大きな傷があったりした場合は、


その部位から感染する可能性があるので注意が必要です。


 狂犬病は通常、ヒトからヒトに感染することはなく、


感染した患者から感染が拡大することはありません。


 

(2)症状


ヒトの場合、潜伏期間は9日~数年(通常20~60日)、


発病率は32~64%(咬まれた傷口の大きさや体内に入ったウイルスの量等で


変わってきます)で、発病した場合はほぼ100%死亡します。


症状は、強い不安感、一時的な錯乱、


水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)、


冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)、


高熱、麻痺、運動失調、全身けいれんが起こります。


その後、呼吸障害等の症状を示し、死亡します。


発症前に感染の有無を診断することはできません。



その部位に大きな傷があったりした場合は、


その部位から感染する可能性があるので注意が必要です。


(3)予防方法


日本では狂犬病が撲滅されているため、その危険性を忘れがちですが、


中国では現在も感染者が存在する病気です。


 中国へ渡航、滞在される方は次の点にご留意下さい。


・動物には、むやみに手を出さない。


・具合の悪そうな動物には近づかない。

・青空市場等での犬や猫等の購入は避ける。他の感染症のリスクがあるので、


 鳥やハムスター等の動物の購入も避ける。

・予防接種(渡航前接種)


 渡航、滞在先で動物を対象に活動する場合や付近に病院がない地域に滞在する場合、事前に狂犬病ワクチンを接種することをおすすめします。ワクチンは初回接種後、30日目、6~12ヶ月後の計3回接種します。予防接種は日本国内の病院及び各検疫所等で受けられます(検疫所のHP(http://www.forth.go.jp)で紹介しています)。


 なお、事前に接種している場合でも、狂犬病の疑いがある動物に咬まれた場合、追加接種(2回)が必ず必要である事を、強くご留意下さい。




Aさんが中国に駐在する時の注意を海外赴任のブログで掲載してますので


すこし転載します。


中国人の狂犬病対策状況や、どのように犬を飼っているのか、


について上海で駐在妻として暮らしていたmanamiさんに


インタビューしましたので、以下ご紹介です。(2016/01/21のブログ)


上海では、どこを歩いていても犬を見るんです』とmanamiさんは言います。


それもそのはず、長く続いた1人っ子政策の影響もあり、


中国ではペットブームが続いています。


犬を飼っている世帯が約3000万世帯はあるとも言われているようで、


なかには一般人には理解できないような愛情の注ぎ方をする飼い主もいるようです。


中国では富裕層でも犬に予防接種は打たない方で


日本のペットとかなり違う点が、「狂犬病への対応」です。


中国では毎年2000人前後が狂犬病で亡くなっています。


manamiさん曰く、中国人は飼っている犬に狂犬病の注射をする人が


ほとんどいないらしいんです・・。


これは別に、お金が無いから」が理由ではないそうです。


『高級外車に乗っているような金持ち(富裕層)でも、


狂犬病への対応は全然していませんでした。


飼い犬に狂犬病の予防接種をしているのは、日本人駐在員だけでした』とのこと。


国の責任なのか、飼い主の飼い犬に対する予防接種の意識がとても希薄なんだそうです。


ですから、中国では絶対に犬に噛まれないようにしてください!


野良犬だけでなく飼い犬にも注意してください!命に関わります!


manamiさんも、『子供がその辺の犬に近づいて行ってしまわないように、


常に注意していました』と語っていました。


中国人は狂犬病の予防接種もしていない。


駐在で中国に行かれる方は、事前に狂犬病の予防接種をしていくと思います。


ワクチンですね。突然の海外赴任で中国に行かされるケースもあると思いますが、


予防接種だけは絶対に終えてから赴任した方がいいです。


一方で現地に住む中国人は狂犬病のワクチン予防接種をしていません。


犬が予防接種をしていないだけでなく、人間も予防接種をしていないんだから、


犬に噛まれたら狂犬病を発症してしまいます。


だからこそ、犬に噛まれて死んでしまうんです。



発病したら100%死亡なんてオー恐、恐すぎる(-_-;)


毎年たくさんの人が咬まれ、発病し死んでいるのに


犬も人も接種する人が少ないのは、どうしてかな?


分からない、意識の低さか?きちんと狂犬病について指導されてないのか??


分からない、分からない(-_-;)




 記事元:2012年7月 在中国日本大使館 が狂犬病について
(http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho120710_j.htm)





[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-28 21:53 | Comments(0)

昨日は娘の月命日

こんにちは、ボーの記事が多くなったこの頃だけれど、

もう一人の娘(ボクサー)を忘れた訳では、ありません。

ボーちゃんと毎日、話している時も

よくお姉ちゃんのボクサーが出てきます。

昨日はお姉ちゃんの月命日でした。




2007年 03月 28日 の記事からお姉ちゃんを偲びたいと思います。

緑は私の感想や思いです。

ひょうきん族 The funny face

今日はとても暖かくて良い御天気でした。
きのうの寒さが嘘のようでした。
It was such a marvellous day today, sunny and warm.
It was pretty chilly yesterday and we were trying to
warm ourselves, cuddling together all three of us.

Marlooweも窓際で寛いでいました。ちょっぴりひょうきんです。
Marloowe was basking in the sun.
Doesn't she have a funny face?d0112879_19185237.jpg

この娘の目つき、忘れられません。

どんぐりまなこで見つめられたら一ころです。

人間の子と同じで、やりたい事がはっきりしていたボクサーです。

もちろん現行犯の悪戯の時は叱りますが。

このどんぐり眼(まなこ)に家族中がやられっぱなしで

「まあ、いいか」という気にさせてしまうボクサーでした。

決して甘く見てた訳ではないのですが、

結局は許してしまう時もありました。

子どもがいても、応接間に堂々と入って行きました。

応接間は立ち入り禁止だったのですが。

あまりにも堂々と悪びれずに入るので

子どもも許すほか、なかった?

大胆不敵なボクサーの態度に一瞬いけないと思っても

そんな気持ちは、すっ飛んで「可愛いなあ」に変えてしまうボクサー。

そんな事は吹き飛んでいたようです。

平気で子どもにヾ(・ω・*)なでなでしてもらってます。


e0355140_17181530.png





安心しきった姿で寝ているボーちゃんだね。



d0112879_2012349.jpg



おねむなJune。何の夢をみてるのかな。幸せそうな笑顔です。
Sleepy June. I wondered what she was dreaming.
Doesn't she look happy?

Marlooweは2階。どんな顔をしているのか覗いてみました。
Marloowe went upstaris. I went over to have a peep at her.

しっかり覚醒していました。
There she was wide awake.

何か、考え事をしている目つきです。
d0112879_19215247.jpg
ベッドでくつろいでいる所ですね。

ボーちゃんと居間で過ごしていたかと思うと

2階に2段抜かしでダッダダァーと駆け上がって行き、

眠ったりベランダで番犬したり等

目まぐるしく動いていました。






[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-26 18:28 | Comments(0)

スタミナポン酢トマト・米国産オレンジジュースの陰

中国では玉林犬肉祭りが今年も開催されているようですが、

どのように整理して皆さんにお伝えしようかと

思っているお母ちゃんです。

もうしばらく、お待ちください。





pinterestのスタミナポン酢トマトをアレンジして作ってみた。


e0355140_17013685.png

今回は、すりこぎで叩きキュウリにして味がしみ込むようにした。

1本ずつ、叩いているとキュウリが割れてくる。

見た目は悪いけど、柔らかくなり美味しい。

包丁で切っただけと違う。

これは、これでイイかという感じ。

材料は叩きキュウリ・湯むきトマト・みじん切りのニンニク・ポン酢。

ポン酢が品切れだったのでどうしようかな?

と一瞬思ったが、なければ作ればいいじゃない、

という事でクックパッドで調べた。

「なあんだ、こんなに簡単に出来るんだぁー」

醤油大さじ5・酢大さじ4・みりん大さじ3にレモンのしぼり汁を入れて完成。

レモンがなかったので、省略。

中華系が好きな人はゴマ油を入れても美味。



アバウト大好きだから気にしない。

味見して奥行きを出したい人はダシを足してもいい。

食が進むこと間違いなし(^_-)-☆

キュウリが沢山ある時に作ってみてね。
e0355140_16574573.jpg



下記のジュースを見て下さい。

最近は飲まないが前、飲んだ事のあるジュースもあった。

皆さんんも「これ、買ったよ。似たようなジュース飲んだ事あるなあ。」

という人もいるかも・・。

これもpinterestから転載。

テーマ:

食品のカラクリ さんより

果汁100%のオレンジジュースは
多くのポストハーベスト農薬を飲むことに

米国産オレンジ・レモン、ジュースなど農薬の酷さを知る日本人は少ない




■3回もポストハーベスト農薬が掛けられてからジュースにされる


爽やかな酸味の「オレンジジュース」は、ジュースの中で人気があり定番と言えます。
本物の果実を100%使ったジュースは、1990年代の自由化以降のことです。
100%果汁ジュースがふんだんに飲めると言っても、気を付けなければならないことは、
ポストハーベスト農薬(収穫後も農薬散布)も“ふんだん”に摂り入れてしまうことです。

オレンジ・グレープフルーツの項で農薬過多の説明をしましたが、
カリフォルニアなどの農場では、
収穫後のオレンジはブラッシングで傷だらけにされた後、
1回目の殺菌剤が散霧状にスプレーされます。
次に白カビを殺す防カビ剤入りのワックスをスプリンクラーのように吹き掛け、
3回目は再び緑カビを殺す防カビ剤をスプレーし、やっと出荷されます。
これだけでも問題ですが、ジュースにする際はさらに深刻です。

日本では、そもそも収穫後に農薬を吹き掛けません。
また収穫したらまず果物用として選別出荷し、

その残りを水洗いしてジュースなどの加工用に使います。
一方、米国では、収穫したオレンジは選別せずに、
前述のように3回もポストハーベスト農薬を掛けます
そして最終段階になってから、果物用かジュース用に分けるため、
当然、ジュースには多量の農薬が含まれる訳です。

▽オレンジ・グレープフルーツに撒かれる農薬成分 (前出)
白カビ防止=「OPP」(オルト・フェニル・フェノール)は、発ガン性があります。
緑カビ防止=「TBZ」(チアン・ベンダ・ゾール)または「イマザリル」で、
TBZは催奇形性(胎児の奇形や生物環境の破壊)があります。

※扱い上は食品添加物ですが、実際は強烈な農薬そのものです。

■これが果たしてトロピカルジュース・オレンジジュースなのか?


これほど酷い農薬が使われているオレンジ・レモン・グレープフルーツが
輸入されても、

違反を取り締まらずに、逆に基準を変えて合法化してしまうのが
日本政府のやり方です。

農水省も厚労省も口を閉ざしたままのため、多くの皆様もご存じありません。

カリフォルニアやトロピカルなどのイメージで販売しても、

所詮、相当に農薬が入ったジュースです。

果汁100%であっても 「濃縮還元タイプ」のジュースは、
米国で水分を飛ばし加熱殺菌して、量を1/5~1/6にします。
濃縮液が日本に輸入されてから、水を5~6倍加えるのです。
味や香りが減退しそのままでは飲める代物ではないので、
砂糖・酸味料・香料・ビタミンCなどを加えます。
爽やかなオレンジの香りは、実は香料の香りなのです。
濃縮液はタンクやドラム缶に詰め、冷凍されたまま国内で随時流通します。
そのままなら、
5年ぐらいは大丈夫だそうです。

これがどうして、“カリフォルニアやトロピカルな味”なのでしょうか!?
健康によかれと思うのは、錯覚です。
女性や子供さんには、勧められません。
農薬以外にも、カロリーが高いのでやめましょう。
国産の蜜柑(みかん)ジュースなら、ポストハーベスト農薬は使われていないので、
全体の農薬はかなり少ないと言えます。


オレンジ・グレープフルーツが何か月も腐らないのは有毒な農薬のせい
カリフォルニアレモンはベトナム戦争の枯れ葉剤で殺菌する
果汁100%のジュースは濃縮還元よりストレートジュースを


濃縮還元100%オレンジジュース温州みかん配合という商品について
その配合をメーカーに聞いたことがあるが、
「それは言えないことになっています」との答えだった
愛媛飲料のポンジュース
オレンジジュースはアメリカと(ちょっとばかりの温州みかん)
アップルジュースは中国産
グレープジュースの原料はブラジル&アルゼンチン

最後に映像でチェック!怖いですよ




動画:農薬オレンジジュース!?

(ポストハーベスト農薬)1:14





(記事元から転載)


(ウワァー恐ろしい!)
ウワァー恐ろしい!

ビタミンがあって美味しいなんて言ってられないよ!

これを読んでいたら自分たちも

よく考えて選択しないといけないなあ。

ただ美味しいだけで飛びついたら大変だぁー。


[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-25 18:03 | Comments(0)

何だ、あれは?初めて行った公園で(@_@)

今日、初めて行った田舎の公園。

たくさんの人たちが来ていたけれど、広いから混んでいるように見えない。

            そして初めて見る物がこれ
                  ↓
e0355140_09094723.png

「何だろう、これは?トランポリンかな?」

たくさんの子供たちが跳ねて遊んでいる。

しばらく釘浸けになって見てた。

帰宅後、調べたら「ふわふわドーム」と言って

トランポリンのように弾力があって

子ども達が跳ね上がるとジャンプする遊具だそうだ。

子どもたちは夢中になって飛び跳ねていた。

白いトランポリンやわんぱくマウンテン、ぴょんぴょんマウンテン等とも呼ばれている。

どうやって膨らましているかというと、

送風機が内蔵されていて遊具の表面に張られた外膜を膨らませている。

へぇー、だから多くの子供たちが乗っても萎まないんだね。

すごい!



      (この時期に凧揚げしている女の子、何度も楽しんで揚げていた。)
e0355140_23201386.jpg
           (初めての公園で夢中になって散歩)
e0355140_23383150.jpg
    8歳のゴールデンに会い、ボーが15歳と言うとビックリしてた(@_@)
e0355140_23393670.jpg
(おまけは、田舎の庭のアーテーチョーク。今年も元気に咲いてくれたので今日、撮った。)

e0355140_23405460.jpg
(まだ、花びらが開いてないアーテーチョーク)
e0355140_23414342.jpg
疲れてしまったのでこの辺で・・

[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-24 23:57 | Comments(0)

豚耳GUMGUMは美味いなあ・バナナを1カ月新鮮に(@_@)

今晩は(^_-)-☆ 犬食の記事を書きながら

娘の食材「豚耳GUMGUM」の話をしていると

なぜか、違和感を感じるお母ちゃんです。

犬食については又の機械ということに。

さかい企画の「豚耳GUMGUM」は

裂いてない豚耳(以前、動画で紹介)と

裂いてある豚耳がある。

最近は裂いてある豚耳を夕食後2本程あげている。

ボー「お母ちゃん、夕飯の後のデザートは?」

私 「ちょっと待ってね、口を拭いたらね。」

1本目をあげるとポリポリ音を立ててあっという間に完食。

ボー「早くちょうだい。」

2本目もすぐ食べ終わって

ボー「もっとちょうだいよ。」という顏付き。

私 「ボーちゃん出血大サービスだよ。嬉しいでしょう。」

3本も食べてしまったボーだった。

ボー「お母ちゃん\(^_^)/」

私 「ボーには甘いからね。」


e0355140_23103094.jpg

(今日のボー)
e0355140_23100447.jpg

(クラウンツェルカエルも活発になってきたよ)

暑くなってきたせいか、クラウンツェルカエルの動く音や

鳴き声が聞こえるようになってきた。

動画を撮ろうとかまえると鳴いてくれない(-_-;)
e0355140_23084659.jpg







<pinterestからの紹介>

冬場は日持ちがよかったバナナも

暑くなった昨今では熟すのが速いので

外に置いておくと腐りやすい。

pinterestからの記事が届いたので

試してみない手はないと思った。

野菜庫の温度によっては1カ月大丈夫。

その方法とは、

簡単なのでチャレンジしてみてもいいかも(^_-)-☆

冬場と夏場で違うかも知れない。

冷凍保存でバナナアイスとして食べるのもいいけど、

生の味が好きな人は試してみてね。



バナナを1本ずつにして、バナナ分のポリ袋を用意。
ポリ袋にバナナを奥まで入れる。
バナナ側から袋の入り口に向かってクルクル◎
3を全部の本数します。
1
写真

バナナを1本ずつにして、バナナ分のポリ袋を用意。

2

写真

ポリ袋にバナナを奥まで入れる。

3

写真

バナナ側から袋の入り口に向かってクルクル

4

写真

3を全部の本数します。

5

写真

バナナやポリ袋の大きさにもにもよりますが、

5本位でまとめて更にポリ袋に入れて野菜室にGO!

6

経過状況は、バナナの状態や冷蔵温度によって変わってくるので参考までに...

7

写真

5日目
皮も実も固さは変わらず、斑点も出てません。

8

写真

10日目
すこし皮も軟らかく、実も外側が軟らかくなってきました



経過状況は、バナナの状態や冷蔵温度によって変わってくるので参考までに...
買ってきてすぐにこの作業をしてください。もちが違います。

(記事元)




[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-23 23:59 | Comments(0)

日本が輸入する犬肉・犬皮等(犬食②)

今日は日本の犬肉輸入にスポットを当てて考えてみたい。

日本でもレストランで食べられる犬肉が

あるなんて2年ほど前に知って驚いた(@_@)

下のグラフは日本で輸入した犬肉の量だ。
e0355140_00062911.png

農林水産省の畜産物輸入検疫統計によると、

1998年に9トンだった犬肉の輸入量は

2007年には約8・5倍の77トンに増加。

 
2005年・2007年の輸入量が多い訳は、

調べたが分からない。

輸入先は中国らしい。

本当か分からないけど

東京都内の一部料理店では犬鍋や犬皿、犬スープなど

犬料理を注文する日本人客が増えているという。

 都内では池袋、新大久保、新宿歌舞伎町、上野などの朝鮮族料理店で、

主に故郷を懐かしむ中国人向けに出されていた。

メニューも中国語表記の店が多いが、新大久保には「犬肉大皿」

「犬肉スープ」と、日本語のメニュー表記の店もある。


朝鮮族料理店関係者の話では

「日本人グループもよく注文しますよ。サラリーマン風の人が多い。

『マグロの味に似ている』と、注文が次々にくる日もある」という。

 
当時20代の女性が次のような質問をしている。
(2009年の質問だから今は30代か、男性かと思った。


質問者「犬肉って日本で日本人が食べるのは法律違反なんですか?

知恵袋を何気なく見ていたらこんな回答が有り心配になって質問しました。
日本の法律では、犬肉は食用肉としては認められておらず、店を開くにあたっても許可は出ません。

 私は犬肉料理を韓国で食べて以来ファンになって日本で犬肉料理屋さん(メニューに有ります)にも行きますし時々お肉屋さん(表には出してません)でも購入して自宅で調理して食べます。
私だけじゃなく売ってるお店(違法店?)も通報したら何か罰せられるのでしょうか。」


回答者「食品衛生法で牛とか豚などと畜場法の対象になる肉については所定の処理をしたもの以外は食品として流通できません。
 しかしその他の肉についてはなんら規制がありません。例えば鹿の肉は規制の対象外で自由に販売できます。犬肉も同じです。
許可は不要なので許可が出ないから禁止ではありません。
ただ規制がないので安全性について保障がないことになります。
平成19年の
動物検疫統計によれば、70トンほど中国から犬肉が輸入されています
 少なくとも動物愛護法は国外で肉にする行為には適用されません。
なお日本人がと質問されていますが、無線局の開設のように日本国籍が要件とされることはありますが、日本人にのみ禁止される行為はありません。」



今でも犬肉が法律で認められてる国は、カナダとスイスだそうだ。


ドイツは1986年まで認められていたという。


日本は法律で認められていないけど、


犬肉の規制はないという。


へぇーびっくりだね(@_@)


規制がないという事が、


裏返してみれば法の網をかいくぐった感がするけれど、フゥーン。


法律を決めると却って問題が起こるから決めないのかなあ?


犬食について一言で良し悪しを決められない、


奥が深くて私の考えもまとまらないよう(-_-;)


本当は昨夜、投稿するはずだったが


調べまくっていたら こんな時刻になってしまった(-_-;)






[PR]
by wkxpn725 | 2017-06-23 01:16 | Comments(0)

母犬の叶わぬ想い(犬食①)

中国の玉林(ユーリン)市で2009年頃から

年に一度、盛大に行われている犬肉まつりというものがある

今年は中止されるという声もあったが

開催されるようだ。

色々な経緯・考えがあり、

中国人でも反対する人達・犬食は文化だという人達もいる。

答えを出すのは難しいかも知れないが

何回かに分けて、その辺を探ってみたい。


檻の親子を見て何も思わない人は、いないだろう。




この母犬は中国で食肉工場への輸送中のトラックで出産したという。
生まれてまもなくの仔犬。


  • 檻に押し込まれ、飲まず食わずの中で

    出産したのだろう.



    母犬の目の表情は分からないが

    打ちひしがれた絶望的な様子が体中から漂っている。

    こんな可愛い我が子なのに、側にいられる時間はない。

    母犬は自分の運命を察知していたに違いない。

    仔犬の運命も分かっていたんだね。

    工場で肉にするために引き離されるまで、

    母犬は仔犬を舐めてあげたり、

    お乳をあげていたのだろうね。

    お乳も満足には出なかっただろうに。


    仔犬は母親の匂いをかいで

    もっともっと甘えたいと思っていたのに…

    殺されると分かっていても…

    最後の最期まで我が子を

    何とかして助けたいと思っていただろうに(-_-;)(-_-;)

     それを通り越して諦めの境地に達していたと

    いうほうが本当かも知れない。

    子犬をもっと可愛がって育てたいという母犬の

    希望はあっという間に萎んでしまったに違いない。

    一瞬も希望の光が差さないうちに子犬とお別れ。

    こんな事なら産まなければ良かったと

    母犬は嘆いたに違いない。

    この母犬の慟哭の想いがひしひしと伝わってくる。

    この母犬まで平気で殺して食べるなんて、

    胸が張り裂けそうになる!!

    それでも文化だと言う人は、言うのだろうが

    中国国内のみならず、

    海外からも非難の声が高まっている「犬肉祭り」だが、

    現地からは伝統文化を守ろうという声も上がっているそうだ。





    [PR]
    by wkxpn725 | 2017-06-21 22:51 | Comments(0)

    \(^_^)/サビ猫とルリボシカミキリ・昨夜の散歩

    今日午後2時過ぎ、玄関の外を掃除していたら

    きれいな虫がいた。

    すぐ撮影し「カミキリムシの仲間」と検索をかけると

    何と今見た虫がいるではないか(@_@)

    その名はルリボシカミキリ。

    鮮やかなブルーの体色が美しいカミキリムシで

    成虫の出現時期は6-9月で、日中に活動するという。

    成虫は越冬せず、秋が訪れる頃には死ぬ。

    主な餌となるのは植物の花粉果実樹液などである。

    カミキリムシの仲間には生木を食害するのもいるが。


    成虫は昼頃までは餌を採り、それから繁殖のため、倒木や貯木場、


    立ち枯れた広葉樹のある場所に移動する。


    昼頃までは餌を採りとあるけど、


    我が家では無理だなあ。


    新鮮な木よりも、より朽ちたものを好む。


    はブナやナラなどの枯木や伐採木の樹皮の隙間に産み付けられ、


    孵化した幼虫はその枯死材部を食べて育つ。


    脱皮を繰り返しつつ枯木内にて約3年間を過ごすという。


    そして成虫になって出て来るんだね。


    この子は何処から来たのだろう?


    平地の我が家の壁に何処から飛んで来たのかな?


    「ルリボシカミキリさん、3年も頑張ったんだから頑張って生きてね」と応援したくなった。


    図鑑では見た事あったけれど、


    今日は本物が見られた\(^_^)/


    もう1度見たいと思い20分後ぐらいに外を見たら何処かへ行ってしまった(-_-;)


    それにしても触角が長いね!

    e0355140_16045602.jpg




    昨日の夕方、娘と散歩に行く前にサビ猫が近くにいたので


    「何処から来たの?かわいいねぇ。」


    と声を掛けると、そばに寄って来るではないか(@_@)


    たった5秒ぐらい見つめて話しただけなのに、


    寄って来て撫でさせてくれ、スリスリまでしてくれた。


    そんなに懐っこい子に見えなかったけど、嬉しいな(^_-)-☆


    ちょっと分かりづらいけれど猫の右角は私のズボンだ。


    散歩に行く前だったので


    名残惜しかったけど少しスリスリして別れたよ。


    初めて会ったのに、こんな懐っこい子もいるんだね(^_-)-☆



    e0355140_16052278.jpg






    昨夜7時過ぎに公園へ行ったらガクアジサイがきれいに咲いていた。


    地面の近くで何かピカッと光っていたので


    「何だろう?」と見るとシーズーが大きめのライトをつけていた。


    話を聞くと何処にいるか分かるようにとの事。


    家の娘を見ても動じない肝が据わった6歳の子だった(^_-)-☆


    7時半頃の公園は昼間と違い、


    涼風が拭いていて気持ち良かったなあ(^_-)-☆



    e0355140_16054890.jpg




    [PR]
    by wkxpn725 | 2017-06-20 17:43 | Comments(0)

    食い意地がはってるなあ・掃除機界のメルセデスベンツ?

    台所で片づけていたらボーが覗いて

    「お母ちゃん。オヤツまだなの?」と訊くので

    「お掃除が終わったらね。」と言うと戻って行った。

    3時すぎに鹿スティック3本・馬肉と野菜のミルヒィーユ1枚・レバーソーセージ1本・

    ヤギミルクとカボチャのスープ・豆腐八分の1丁。

    ここでオヤツは終わりにしようと思っていたが・・。

    声を掛けたのが悪かった。

    「ボーちゃん、バナナ食べる?」

    最近バナナも敬遠してたので

    まさか食べるとは思わなかった。

    ところが、食べるではないか。

    口の所に持って行っても顔をそむけてたのに。

    すかさず「ボーちゃん、お母ちゃんと同じで食い意地がはってない?」

    と訊く私だった。


    昨夜の記事をご覧になった人は

    「今は、もっと性能のいい掃除機があるのだから買い換えた方が得じゃない」

    と思われたかも知れない。

    子どもに話す前は買い換えようかなと思っていた。

    まさか14年前の掃除機の部品が売っているなんて

    思いもよらなかった。

     私より子供のほうが直せるなら直して使おうと考えている、

    今時、珍しい若者だ?

     もう1つ掃除機があるのだが

    重い(ノズル・ホース・パイプ含む/約8.9kg)ので運ぶのが面倒だ。

    そんな訳で直した掃除機が毎日活躍し、

    週1で重いハンガリー製の掃除機を使う。




    e0355140_12452089.jpg

    キャッチフレーズは

    「1912年世界で初めて家庭用掃除機を開発した

    エレクトロラックスが、 その約100年の技術の

    集大成として誕生させた掃除機「ウルトラワン」

    世界トップクラスの性能とスムーズな動きで

    抜群の使いやすさを実現!」


    アマゾンのレビューには

    至上最高性能の掃除機掃除機界のメルセデスベンツだ(本当かな)・

    花粉の季節は強ーい味方に!・ホースのハンドル部分が弱すぎ」等々。

    価格.comでのレビューは

    吸引力最高!!静かでパワーのある掃除機です

    世界最高峰の耐久性能、静音性能、性排気性能を格安で維持出来る

    至高の掃除機・ 大きさと重さが許容出来れば一押し」等。

    ホースのハンドル部分が弱すぎというが、我が家では問題なかったが、

    日本製に比べ、少し華奢かも知れない。

    そっと扱わないと破損する恐れがあるのは否めない。

    説明書が分かりづらいのも難点とレビューに書いていた人がいたが、

    じっくり読まないと分かりづらい所があるのも確かだ。

    そんな訳で性能は良くても一概に薦められないなあ。

    その人によっては、使いこなすのは難しいかも・・







    [PR]
    by wkxpn725 | 2017-06-19 16:50 | Comments(0)