人気ブログランキング |

娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジョイスがランディに訊く(星になった少年④)

動物と話せるジョイスが象のランディに哲夢君のことを訊いた。(2010年2月6日放送)

哲夢君をお兄さんのように慕い、

強い絆で結ばれていたランディ。

突然の交通事故でこの世を去った哲夢君の葬儀は動物園で行われた。

葬儀には動物たちも参加。

もちろんランディも。

e0355140_19093814.png



最後の別れをし、出棺の時、

ランディは哲夢君を乗せた霊柩車のそばで、激しく泣き叫び、

制止する飼育係の手をはねのけて、いつまでもその場を離れようとしなかったという。

そして、ランディはそれから1か月以上もの間、

エサもろくに口にしようともせず、

ずっと象舎の中に閉じこもってしまったという。

亡くなって13年、お母さんの小百合さんは

「ランディに哲夢君の写真を見せてあげたい」とずっと思っていた。

でも「ランディが哲夢君の事をまったく覚えていなかったら…」


あるいは「今も忘れられなくて写真を見せることで再び落ち込んでしまったら…」


とにかくいろいろな事を想像すると怖くなり、


結局13年間、一度も哲夢君の写真を見せたことがないという。


13年間押し問答を繰り返していたお母さんの小百合さんは


動物と話せるジョイスに訊いてみることにした。


<ジョイスとランディの会話>


ジョイス「もちろん、覚えているわ。聞こえますか?」


ランディ「ゴロゴロゴロゴロ・・・」(鼻をならしてコミュニケーションをとることがある)


ジョイス「ランディは哲夢さんを思い出して鼻をならしているのよ」


ジョイス「哲夢さんのトレーニングに使う棒の様な物かしら…その使い方が他の誰とも違って


     いたみたい。それまでランディにとって棒は叩かれる嫌な物だったけれど、


     哲夢さんは棒で優しくランディをなでてくれたの。哲夢さんの使う棒は、


     彼の手の延長の様な感じでとても気持ちが良かったのよ」



e0355140_18462987.png

ランディは13年たった今でも哲夢君のことを覚えていた。





ジョイス「ランディは哲夢さんを13年たっても覚えているの、その気持ちは


     息子を失ったあなたと一緒。写真を見ることで哲夢さんを失った悲しみが


     またよみがえるかもしれない。


     でも、ランディは、もう一度哲夢さんを見たい…感じたいと思っているわ」


写真に頬ずりをするように、鼻を近づけ、


哲夢君の使っていた、調教棒を鼻でつかみ、


生前、哲夢君が自分にしてくれたように、その棒で


自分の体をさすった。


まるで哲夢君が棒で撫でてくれたのを思い出しているようだ。


象は愛情の深い動物なんだね!



そんなランディの姿を見た坂本さんは、さらに…


坂本「声を聞かせてもいいですか?」


哲夢君が生前インタビューに答えたときの声を


ランディに聞かせてあげたいと思ったのだ。

ジョイス「思い出しているの、ランディの胸の中に哲夢さんと一緒に


     過ごしていた頃の思い出がよみがえってきてるのよ」


そして、哲夢君の声を録音したカセットレコーダーにも


反応し・・・


涙を流した。雫雫


象のランディは13年前に亡くなった人間、哲夢君の事を確実に覚えていた。


母親の小百合さんと同じように象のランディの心の中にも


いつまでも哲夢君との思い出は生き続けて行くのだろう。


* 動画は著作権上の問題でブロックされているので視聴できません(-_-;)


(記事元)



by wkxpn725 | 2017-08-30 19:15 | Comments(0)

哲夢とアジア象 ランディのドキュメントの訂正(星になった少年③)



「皆様へ」で始まる記事で

哲夢君のお母さんである坂本小百合さんが

哲夢とアジアゾ象ランディのドキュメントの訂正とお詫びをしている。

私は見ていないのでネットで調べたが

削除されていると言う人もいて本当の所は分からない。

見たかったなあ(-_-;)

見た人がいたら教えて下さい。

* 青の文は哲夢君のお母さんの坂本百合子さんの気持ちが表れている箇所。

  緑の文は私の感想や説明の箇所。

平成24年3月24日(土)に放映されました私の息子 坂本哲夢とアジアゾウ ランディの


ドキュメントに際しまして、事実と異なる部分が多々ありました事深くお詫び申し上げます


ドキュメントで哲夢とアジアゾウ ランディの姿を


忠実に視聴者に伝わるようにと考えて


製作者とお母さんが資料に基づき話し合って


作成したはずだったが哲夢君のお母さんとしては


これではまずいと思ったようだ。


製作者が往々にして誇張してしまうことがある。


わざとでは、なくても・・。


難しいね(-_-;)



哲夢は小学生の時、神奈川県横浜市から千葉県東金市に引っ越しました。


日本人離れしたルックスと転校生という事でいじめにあった時もありましたが、


友達が一人もいなかったという事は決してありません。


放送では友達がいないと誇張されてしまったようだ。


だから、お母さんは1人も友達がいないなんていう事は決してないと語っている。


中学生になり単身タイへ留学し、ぞう使いの修行を終え帰国後、


哲夢の周りにはいつもたくさんの友人に囲まれていました。


中央で笑っているのが哲夢君だ。


みんなと楽しそうにしている姿が印象的な1枚だ。


e0355140_22240728.png


また、動物プロダクションの仕事も手伝う様になり、象はもちろん犬や猫、チンパンジー等


様々な動物をTV番組やCMに出演させ、山小川ファーム(現・市原ぞうの国)が開園し


「ぞうさんショー」には自らマイクを持ちながら象を操り、多くのお客様に象のすばらしさ、


賢さを伝えていました。


亡くなる日も、過労で事故を起こしたという事実は全くありません。


ドキュメントでは過労で交通事故を起こした事にされてしまったようだ。


猫を連れCMの撮影現場に向かう途中の交通事故でした。


今年の11月で、あの日から20年が経とうとしています。


私たち家族の時間はあの日、止まったままなのかもしれません。


また、象のランディは、人間に不信感を持っていた象ではありません。


25年前ランディが来て間もなく、福岡へイベントに行った日の事を今でも覚えています。


いつも、イベント会場には信頼関係があるミッキーを連れていくのですが、ミッキーの体調が


優れなかった為、ランディと一緒に行きました。


イベント会場でのランディはとっても良い子で、


人との触れ合いを楽しそうにしていた事を思い出されます。



e0355140_22245517.png

  • 象のランディは1980年(推定)生まれで

  • 1987年に来園したというサーカス出身の優しい象だ。

  • 2005年夏公開映画「星になった少年」のモデルとなった事で、

  • 一番の人気者になった象だ。

  • 人とのふれあいがとっても好きで、映画のキャンペーンで各地を旅したこともあります。

  • 今、ランディや他の仲間の象達が哲夢の死を乗り越え「ぞうさんショー」や、


    たくさんのお客さまとのふれあいを楽しんでいる様子を空からきっと、


    見ている息子に励まされながら、続けてまいります。


    今回の放送に関しまして、哲夢とランディに深くお詫びをしたい気持ちでいっぱいです。


    これからも応援よろしくお願い致します。

    平成24年3月26日

    坂本 小百合




    以上をまとめると


    ① ドキュメントでは友達が一人もいなかった事実はたくさんの友人ができた。


    ② ドキュメントでは亡くなる日も、過労で事故を起こした事実は過労ではない。


    ③ ドキュメントではランディは、人間に不信感を持っていた象事実は、ランディは


      とっても良い子で、人との触れ合いを楽しそうにしていた象。



    なぜ、ドキュメントと事実で正反対の事を伝える事になってしまったのか?


    それを知る由もないが、あえて言うなら


    ①は友達がいない孤独な少年のほうが視聴者の関心を引き付けるだろう。


    ②は過労で交通事故のほうが頑張っていたのに若くして亡くなってしまったという印象を


     強く視聴者が持ち、涙するだろう。


    ③は不信感を持っていた象を手なづけてスゴイと視聴者は思うだろう。


    私の結論はインパクトの大きいドキュメントを作り


    視聴者を泣かせたい、視聴者を感動させたいという思いが働いたのではないだろうか。


    それが強すぎて事実と異なるドキュメントになってしまったのでは・・。


    「お涙頂戴」のドキュメントに製作者が仕上げたのだと思う。


    もちろん、製作者だけでドキュメントが完成するはずはない。


    でも、その事を私は、とやかく言う立場ではないし、


    批判する気持ちも毛頭ない。


    感動するドキュメントを作りたい一心だったと思う。


    哲夢君のお母さんも事実と違う形で放送され後悔したのだろう。




    だから、哲夢君の本当の姿を見てほしい、


    20歳で人生を駆け抜けてしまったけど真剣に生きた息子の姿を知ってほしいと


    思ったに違いない。


    深くお詫び申し上げます」というお母さんの言葉がそれを物語っている。


    (記事元)





    by wkxpn725 | 2017-08-27 23:39 | Comments(0)

    芋づるで悪戦苦闘・梨園で巨峰と梨を買ったよ

    昨日は熊本から野菜と一緒に生落花生とさつま芋の茎が届いた。


    e0355140_01001620.jpg

    落花生の季節到来だね。

    格別な思いはないけれど、2度栽培したことがある。

    作り方は簡単で収穫するまで左程、手間はかからなかった。

    落花生の成長は面白い。




    山菜が来たのかと思ったら真っすぐのさつま芋の茎(芋づる)だった。

    早速、下ごしらえ。

    茎の細い方をつまんで、皮むきをした。

    この皮むきに時間がかかって少し面倒だ(-_-;)

    左が剥き終わったさつま芋の茎、右が剥いた皮。
    e0355140_01045702.jpg


    水につけてアクをぬき、塩ゆでをした。

    これを冷凍して後で味付けしても良い。

    今日、味付けしていただこうと思う。

    e0355140_01020489.jpg
    e0355140_01022545.jpg

    秋は色々な果物があって嬉しい季節だ(^_-)-☆

    梨園で巨峰と梨を買った。

    梨は1kg¥500、巨峰は1kg¥1200だ。

    巨峰を2kg注文したが4房で2kg100gあった。

    私が「100gオーバーしてますよ」と話したが、

    100gはおまけで¥2400だった。

    おばさんの話から夜間冷える地方の巨峰は皮が黒っぽくなるという。

    ブドウといえば山梨が浮かぶけど、

    長野のほうが美味しいという。(おばさんの話)

    私はよく分からないけれど・・。

    おばさんに聞いたら作っていても

    あまり食べないという。

    食べるのは息子夫婦と孫たちだそうだ。

    作っていると食べる気がしなくなるのかなあ?

    ボーも梨は好きなので一緒に食べているよ(^_-)-☆

    e0355140_00591509.jpg

    by wkxpn725 | 2017-08-26 02:03 | Comments(0)

    花火のように燃えつきた星になった少年②

    本作品のためにタイの象学校で象使いの講習を受け、約2カ月間のタイ・ロケでも、

    結局、念のために準備されていた吹替えの俳優も使用せずに象との共演を果たしたという

    柳楽優弥。

    哲夢君になりきって演じたいという根性がすごい!
    e0355140_07495214.png


    小百合園長の息子、哲夢(てつむ)くんは、日本人初の少年ゾウ使いとして知られている。

    動物プロダクションに初めてゾウがやってきたとき、小学校4年生だった哲夢くんは、

    この大きな動物に心を奪われてしまった。中学生になり、哲夢くんは単身タイに渡る。

    ゾウ使い養成学校で訓練を受けるためだ。

    一年半に渡る訓練の後に日本へ戻った少年は、両親の飼うゾウの世話を通じて、

    本物のゾウ使いへと成長していった。



    (在り日しの哲夢君と象のランディ)
    e0355140_07511094.png
    とりわけアジアゾウのランディとはたしかな友情を育み、テレビ番組や全国各地のイベント

    で、華やかな活躍を人々の心に焼きつけた。小百合園長は「相手が人間であろうとゾウであろ

    うと、いったん仲間だと認めたら、相手をいたわり、喜びを共にし、悲しみをわかちあう。」

    それが、象だと・・。

    e0355140_07541378.png

    しかし、突然の事故が、哲夢くんの命を一瞬で奪い去った。

    1992年11月10日。小百合園長の4頭のゾウたちはこの日、一斉に大きな鳴き声をあげた。

    見ると、みな同じ方向を向いている。その目からは涙が流れ落ちていた。

    彼らが目を向けた方向のおよそ20km先に、哲夢くんがいた。

    ゾウたちが声をあげたのは、哲夢くんの乗った車がダンプカーと正面衝突したその時だった。

    ゾウは愛する仲間を永遠に失ったことを、その瞬間に察していたのだ。

    ゾウは、死の概念を理解し、仲間の死を悼む動物でもある。

    群れの仲間が死ぬと、骨になった後までも、いとおしげに鼻で撫で続ける。

    哲夢くんを失ったゾウたちの悲しみは長く続いた。

    納骨の日、ランディは墓前で膝を折り、はらはらと涙を落とした。

    享年20歳――ゾウを愛し、ゾウに愛された青年は、星になった。

    哲夢君のことを象たちは姿形は違えども

    本当の仲間・家族・兄弟と思っていたのだろうね。

    象という動物が、ここまで情の深い生き物だったなんて知らなかった。




    by wkxpn725 | 2017-08-21 18:52 | Comments(0)

    耳血腫の治療は注射に・病院に足の滑り止めを持って

    今日で耳血腫の治療は6回目だ。

    昨日は注射筒で耳に溜まった血を抜いた後に

    耳に注射をした。

    今日は耳に注射だけした。

    耳に血が溜まるのを少なくする注射のようだ。

    最近、病院に入る時に「防滑防水ダイナグリップ」という

    薄いマットを持って行くようになった。

    動物病院の床は滑りやすい素材でできている所が多い。

    汚してもすぐ清潔にするために

    仕方がないのかと思う。

    でも、脚力が弱くなった子には滑りやすい。

    それを防ぐマットだ。

    その日の様子を見て

    マットを敷くかどうかを決める。

    昨日、今日とマットは敷いてない。

    足の調子がよいから後ろ足が広がらない。

    毎回、使う訳ではないが1回ほど使ってみた。

    ボーより足の弱い子が来た時は床で滑って大変そうだった。


    ボーの足元に敷いてあるマットだよ(^_-)-☆

    e0355140_18383892.jpg



    by wkxpn725 | 2017-08-19 18:59 | Comments(0)

    101回目の注文で40%キャッシュバック

    一昨日、さかい企画に急いで注文。

    何故かって言うと有効期限が8月14日だったから

    午後11時半過ぎに注文完了。

    出かけていたので遅くなってしまった(-_-;)

    ボーちゃん「お母ちゃん、何でもっと前に注文しなかったの?」

    私    「少しずつ注文の入力をしてたんだけど・・」

    ボーちゃん「土壇場になって注文すると間違えてしまうよ。」

    私    「それは、そうなんだけれど・・」

    締め切りの2週間前からボーに必要な食材を入力し始めたけれど、

    これは必要かな?賞味期限は?なんて考えてたら

    あっという間に〆切日になってしまった。

    購入金額の4割がキャッシュバックになると思うと

    あれも欲しい、これも欲しいということで買う物が増えてしまった。

    ボーちゃんから「お母ちゃん早く来ないかなあ、楽しみだよ(^_-)-☆」

    私      「ボーちゃん、食べ過ぎないでね。」
    e0355140_21091866.png
    そして、今日FAXが来ていた。


    e0355140_21030199.png

    ケースが大きすぎて佐川急便になったようだ。


    by wkxpn725 | 2017-08-16 22:00 | Comments(0)

    毎日1枚餃子を作るボーちゃん?

    昨日は28人乗りのマイクロバスで都内へ行った。

    夕方帰宅し、ボーを連れて病院へ。

    男の先生がボーの餃子のように膨らんでいる耳に注射針を刺したが

    ボーは痛くなかったようで静かにしていた。

    40ccぐらい耳に溜まった血液が採れた。

    その後、ピンクの包帯を巻き、

    2種類飲み薬を増やした。

    速く餃子?から解放されるといいなあ。

    病院の後、散歩して帰り

    足を洗って居間に入ったと思ったらピンクの包帯がとれてしまった(-_-;)

    もう少し粘着のある包帯でないとダメだ(-_-)zzz

    テープのほうがいいなあ。

    e0355140_23371299.png

    公園で散歩中に落とし物を拾った。

    それは、パスモ。

    公園事務所に届けたよ。

    持ち主が見つかるといいなあ。

    e0355140_23375496.png

    今夜の散歩の時、以前記事にした3本足の猫の隣りに住んでいる人に会った。

    ずっと気になっていたので聞いてみたら

    亡くなってしまったという(-_-;)

    とても馴れ馴れしい可愛い子だったのに(-_-;)





    by wkxpn725 | 2017-08-14 00:10 | Comments(0)

    娘の耳で餃子店が開けそう(-_-;)

    今日も動物病院で耳血腫の処置をしてもらった。

    毎日、餃子が1個できそうだ(-_-;)


             (Googleから)
    e0355140_20492808.png

    今日も痛かったので逃げようとしていた。

    どうにか、ならないかなあ?

    最初の耳血腫の時と違う病院だ。

    何が違うのだろう?

    最初の病院では痛がらず診察台でおとなしくしていた。

    私が軽く頭を押さえているだけ。

    今回の病院は先日ジャンプして診察台から

    下りてしまったので先生は諦めて もう診察台の上でやらなかった。

    また「今日も痛い!」とボーは抗議してたよ。

    耳に針を刺して血を抜くのだが

    2つの病院では刺し方が違うようだ。

    最初の病院は大きな病院で経験豊かな先生だった。

    今回の病院は小さい病院で若い先生だ。

    ちょっと様子を見てボーが大変そうだったら最初の病院へ行こうかな。


    病院が終わった後、いつもの公園へ行った。

    e0355140_20372975.jpg

    久しぶりにカワウが1羽だけ、いた。

    会えて嬉しかったが何となく寂しそうだった。

    少し小さめなので子どものカワウかなあ。


    e0355140_20382159.jpg


    by wkxpn725 | 2017-08-10 21:34 | Comments(1)

    娘の耳に餃子がくっついたぁー!?

    朝ご飯の時は異常なかったのに

    正午頃、ボーの耳が膨れていた。

    まるで餃子のように(@_@)

    耳血腫になってしまった、大変だぁー。

    e0355140_16591233.jpg

    すぐ病院へ向かった。

    診察台にボーを載せて頭が動かないように私が軽く押さえ、

    助手がお尻のほうを押さえて先生が耳に針を刺した。

    うまくいかないので助手がもう1人来てボーを押さえた。

    ところが、うまく行かずボーが痛みに耐えかねて

    一声ワンと吠えたと思ったら台からジャンプして下りてしまった。

    仕方がないので床で耳にたまった血を抜いた。

    30ccほど血が採れた。
    e0355140_16593615.jpg

    運動会のハチマキじゃないよ、右耳を裏返して黄色の包帯で留めているところだ。

    (耳の中が空気に触れていたほうがよいから。)

    ところが、診察室を出たら右耳の包帯は、ずれてしまった(-_-;)

    運動会のハチマキみたいだね。
    e0355140_17001620.jpg

    右耳の上に包帯がないでしょう、いつもと同じだね(-_-;)

    まるでスカーフを巻いてるようだ(-_-;)

    e0355140_17010989.jpg


    帰りに広場で散歩。

    木陰の中を散歩した時は涼しい風が吹いていて気持ち良かった。

    地面を見るとセミの幼虫が出てきた穴があちこちにあった。

    数えたら100個を超えるだろう、この広場だけで。


    e0355140_17015826.jpg

    実は、耳血腫になったのは2回目だ。

    耳がかゆくて時々かいていたから黴菌が入ったのかなあ?

    しばらくは病院通いになるなあ(-_-;)




    by wkxpn725 | 2017-08-07 18:07 | Comments(1)

    沖縄麩と豚肉の卵とじ・素焼きの塩ポットでいつもサラサラ

    今日のご飯は、娘に好評だった(^_-)-☆

    沖縄麩・トマト・オクラ・海藻・ブロッコリー・豚肉・小松菜・シメジ・

    大根・魚粉を入れ、最後に卵でとじたご飯だよ。



    e0355140_19585971.jpg

    今日は塩が湿気ないポットの紹介。

    お米を炒って塩と一緒にすると湿気ないと言われてるけど、

    湿気て塩が固まってしまった経験はない?

    私は、ある。

    いろいろ工夫しても塩が固まる。

    お米を炒って入れたけれどダメ(-_-;)

    冷蔵庫に入れておけば固まらないけれど、

    常温に置いておくと、そのうち固まってきてしまった(-_-;)

    ところが、今日紹介する素焼きのポットは常温でも塩がずっとサラサラ。

    なぜ、ポットの下のほうが白くなっているかというと、

    IHの近くにポットを出していたら

    湿気でポットの中から塩が外側ににじみ出て来た。

    なめてみたら塩だった。

    でも、中の塩はサラサラだよ。

    そして今日のポットの状態はというと?

    同じようにIHの近くに置いてあるのに

    ポットの中から塩はにじみ出ていないから

    外側が白くなっていない。

    素焼きのポットは湿気を調節してくれるんだね(^_-)-☆

    湿度が高いとポットの外側に塩を出し、中はサラサラの塩。

    湿度が高くなければ、もちろん中の塩はサラサラ。

    一つだけ気をつけてほしい事があるよ。

    本物の素焼きでないと塩が固まることがある。

    このポットは、いくらか忘れてしまったけど¥2000近くした。

            (湿度が高い時は塩が中から噴き出ている。)
    e0355140_20090807.jpg
         (同じ所にあったポットを今夜撮ったけど、噴き出ていない。)
    e0355140_20340510.jpg


    おまけは今日の花火大会・・物ぐさして2階の窓から撮ったので

    綺麗に撮れてないけど(-_-;)

    花火大会用に特別にバスがたくさん出ていた。



          (今日のp.m.20:44撮影)
    e0355140_20523638.jpg



    by wkxpn725 | 2017-08-05 21:02 | Comments(0)