娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鳥の運命は飼い主にかかっている《鳥パート3》

昨日、鳥🐣の寿命と飼い主が世代交代している事について触れたが、どんな生き物も簡単に飼ってはいけないと痛感した。

自分が面倒みられなくなったら誰がみるか、
今、家のボーちゃんは子供が世話をしている。

鳥は長寿なので三代目、四代目、五代目と飼い主が移り変わるかも知れない訳だ。

そう思うと簡単に鳥🐣を飼う事は出来ないなあと思った。

好きだからと飼ってはいけないなあ、犬猫もしかりだけど。

知人のオウムは鳥🐣の病院にかかる時、両親が病院のある市に住んでいるので朝4時に番を取りに行くという。
そこの病院は、話を聞くと全国から来るという。

鳥🐣専門の病院に連れて行く覚悟がないと飼えないなあ。
朝早くから沢山の人が並んで待っているなんて大変な事だね😢

今日は一昨日やっとギブスがとれた話をしようと思ったけど、もう少し鳥🐣の話をしようと思う。


自傷行為で毛をむしり取ってしまったオウム」が元気を取り戻して歌って踊る動画が微笑ましい!


1jp

心の痛みをごまかすために身体を傷つけることを「自傷行為」というが、これは人間だけに現れる症状ではない。ストレスを感じたら、自分に噛み付いたり毛を引き抜いてしまう動物もいるのだ。

そんななか、飼い主を失った悲しみからくるストレスで毛をむしり取り、ほとんど毛がなくなってしまった一匹のオウムが注目を集めている。

 見た目は痛々しいものの、“すっかり回復して陽気に歌って踊る姿が微笑ましい!”と話題になっているのだ。このオウムの様子は、動画「Singing Parrot!」で確認できる!


1jp

自傷行為で毛をむしり取って羽毛がなくなってしまったのは、米ユタ州の動物レスキュー施設「Best Friends Animal Society」で暮らす15歳のオウム、キング・オーだ。

 最初の飼い主にすっかりなついていたキング・オーは、飼い主が亡くなると悲しみからくるストレスにより、足の爪で毛をむしり出したのだ。

「いなばの白兎」という昔話があるけれど、同じようにむしり取られてしまったんだね。

 いや、違う。

オウムは自分でむしりとって前が赤裸になってしまった😵💧

 新しい飼い主は、ペットの自傷行為をどうしたものかと途方に暮れ、同施設に助けを求めに来たのである。

・寿命が長いオウムは何度も飼い主が変わる傾向が

ある。

 オウムの寿命は非常に長いため、途中で飼い主が変わってしまうことが何度かある。

 キング・オーの世話をするジャクリーン・ジョンソンさんによると、

「7~11回ほどオウムの飼い主が変わるのは普通」だとのこと。

(>_<)7~11回も飼い主が代わったら適応するのが難しいよう(>_<)

オウムにとって、毎回新しい環境や飼い主に適応するのは相当なストレスとなるに違いない。

 そりゃそうだよ、ストレス満載だね❗


・歌って踊る陽気さを取り戻したキング・オー

2010年にシェルター施設へ預けられたキング・オーは、現在はすっかり元気を取り戻し、音楽に合わせて陽気に鳴き声を上げてダンスを踊るようになったという。

動画を見ると、従業員の歌に合わせてリズムを取りながら身体を上下に揺らし、手拍子に合わせて歌うように鳴き声を上げている。すっかり施設の暮らしにも慣れて、毎日を楽しんでいるようである。

 施設に馴れて本当に良かったね。

・羽毛をむしり取る行為がクセになってしまったようだけど、スタッフからたくさんの愛情を注いでもらって、歌って踊るまでに回復したキング・オー。


 だけど爪で毛をむしり取るクセは習慣になってしまったようで、元気になっても相変わらず毛がないのだそうだ。

 毛がない姿を見るとかわいそうになってしまうが、スタッフから大事にされているのは動画からも十分うかがえる。

 113.png施設には100羽の鳥が保護されているとのことで、たくさんの仲間達も一緒で、キング・オーが寂しさを感じることはなさそうだ。

 でも、たくさん傷ついてるよね❗

忘れられない思い出もいっぱいあるだろう。

YouTubeでは元気に歌っている姿が見られ、職員の

愛情をいっぱいもらって楽しく過ごしているようで

良かったなあ、いじらしいなあと思う❗





「オマケは猫どん引きなオウム」

こんなオウムなら猫が尻込みするのも無理ないね113.png





参照元 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/rocketnews24.




[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-30 19:11 | Comments(0)

ひいお婆ちゃんから三代目の鳥の飼い主《鳥パート2》

ー 長寿な鳥の悩み ー

大型インコやオウムは30年~70年生きるのは普通(@_@)
100歳生きるのも ⤴⤴凄いなあ。

でも、長生きの分、飼い主と悲しい😢😢😢別れを経験しているという。

ここに登場する太郎は名前は男の子の名前だが、
実は女の子だ。

ひいお婆ちゃんが40年以上前に東京四ッ谷の小鳥屋から買ってきた。

今はひいお婆ちゃんの孫(おじさんだけど)が飼い主だ。4代目のひ孫まで飼い主が決まっているそうだ。

鳥の太郎は43歳のおばさんだが、
ひいお婆ちゃんの口癖だった「おーい」を時々言う。
4代目になる娘さんは、ひいお婆ちゃんを知らないけれど、「おーい」という言葉を聞くとひいお婆ちゃんと太郎の様子を思い浮かべるという。
歴史を感じさせるなあ。

埼玉県の鳥村には事情があって手放された鳥たちが40種類150羽いるという。

ここの鳥たちは「ライライライとかバンザーイとか笑ってよー」等々色々しゃべる。

鳥村の芸達者はオウムのシロちゃん。
「こんにちは バンザーイ シロちゃん、いい子
いい子」とすらすらしゃべって
「母さん お肩をたたきましょう・・・」と昔、飼い主のお母さんに教えてもらった歌を歌う。
シロちゃんは10年前に鳥村に引き取られたそうだ。

クックちゃんはでんぐり返しが得意だ。
87歳で飼い主が亡くなり女性の遺影に飛びかかっていったという103.png愛情深い鳥だなあ。
お母さんがいなくなったことをクックちゃんなりに受け止めているんだね。
だから今でも「お母さん クックちゃん」としゃべる。
クックちゃんは寂しがりやだから一度握手した人の手をなかな放さない。その姿は本当にいじらしい。


関西から来た新入りも太郎というが、心を病んでいるらしい。えさをやっても食べないので強制的にチューブで1日6回あげていた。
鳥は2、3日の絶食で命を落とすという。
関西の太郎の元飼い主に会いに行った。
75歳のお婆ちゃんは昭和30年代に太郎と知り合い50年間太郎と過ごした。
お婆ちゃんと二人きりの太郎は対等に分かり合える存在でお婆ちゃんの行く所、ついていったという。

そんなお婆ちゃんがDVに遭った時、
太郎は「母ちゃん怖いよーとか、母ちゃんかわいそうね」と言ったそうだ145.png

今は少しずつ食べられるようになってきた太郎、
馴れてまた関西にいた時のように太郎らしさを出してネ❤





[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-29 17:34 | Comments(0)

鳥の保護団体《鳥パート1》

たまたま一昨日ネットを見ていたら鳥の保護団体があった。

個人的に鳥や爬虫類の里親募集をネットに載せていたり、犬猫のボランティア団体が犬猫と一緒に引き取って募集しているのは知っていたが、ここは鳥🐣専門だ。


「鳥の里親になるには

TSUBASAで暮らす鳥の新しい飼い主(=里親)になることについて、ご興味を持ってくださりありがとうございます。

TSUBASA(埼玉県新座市)では様々な理由で引き取られた鳥達のために、新しい家族を探す里親制度を設けています。


それが‘‘Meet The Bird’’略して「MTB」です。


Meet The Birdの言葉が表すように、鳥たちに逢っていただく事をとても大事にしています。

MTBのコンセプトは“人が鳥を選ぶのではなく、鳥が人を選ぶ。”です。 

鳥に選んでもらうという意味だけではなく、少しでも彼らの事を知っていただきたいという想いで活動しています。


定期的に里親会を行っていますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。」とある。


里親になるには鳥に気に入ってもらわないとなれないんだね。


犬猫の里親は里親が選ぶ事が多いのに・・


といってもボランティア団体から譲り受ける時は団体が里親を見極めるのだろうが。


里親募集の鳥たちを見てると犬猫より鳥は個性的だなあと思った。


この団体の里親募集には個性豊かな鳥たちが出てくる。

今、里親募集している鳥たちを紹介したい。



もみじ@アカビタイムジオウム

文架@文鳥(認定NPO法人TSUBASA)
名 前

もみじ

種 類

アカビタイムジオウム

性 別オス
生年月日2006年頃
引取り日2016年12月14日
引取り理由飼い主様の健康上の理由

性格

人との相性によって左右されます。
相性の良い方(主に女性が多いです)の場合は手に乗ったり、甘えてきますが、
相性が悪いと餌を投げてきたり、床に下ろしたときに足を追いかけ回すことがあります。
里親候補様には、実際にケージから出したときのもみじと対面していただけますので、
その時の様子などを見ていただく時間を設けます。
普段はおとなしく、積極的にケージから出るタイプではありませんが、ターゲットトレーニングによる誘導等で、コミュニケーションが取れます。
おとなしい反面、好奇心旺盛な部分もあり、新しい物や外の風景をいつまでも
楽しそうに眺めていることがあります。



タラ@メキシコアカボウシインコ

タラ@メキシコアカボウシインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前タラ
種 類メキシコアカボウシインコ
性 別オス
生年月日1998年5月頃

性格

気が強い性格ですが、気が合う人だと甘えてくることもあります。

頭上から飛んで来て、頭を蹴ってそのまま逃げるというイタズラをしてくることがあります。

肥満であるため、現在食事制限をしています。

すぐに食餌を食べきってしまうので、フォージング等で工夫をしています。



私の知人でオウムを飼っている人がいるけれど、とても長生きするので入院したり亡くなって手放す事になったりして最期まで面倒みられるかが問題だ。

 それは他のペットでも同じだね。


次回は鳥たちについてもう少し掘り下げて考えてみたい。


<参照>

https://www.tsubasa.ne.jp/foster-bird//








[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-28 12:58 | Comments(0)

娘の1周忌 Marloowe and thunders

今日は娘のボクサーの1周忌です。

もう、1年経つなんて信じられないくらい、娘はいまだに身近で大きな存在です。

里子のボーちゃんや子供と話している時も娘は話題にのぼって来ます。

と言ってもそこに悲壮感はありません。
みんな で楽しく過ごした事・ハプニング・二匹が仲良くなるまで大変だった事など、今ではそれも懐かしい思い出に・・

里子のボーちゃんに比べてお転婆娘だったボクサー。

天真爛漫でどの犬とも遊ぼうとして時には大きさとテンションが高いのが災いして敬遠された事もありました。

 でも、そんな事はおかまいなしのマルちゃんは根っからの明るい子でした。
ケンカをしようとしてるのではなく、どの子とも遊びたくてテンションが高いだけなのに・・

我が家の中心的存在と言っても言い過ぎではなかった娘。そんなお姉ちゃんのボクサーを里子のボーちゃんも頼りにしてました

家の中で寝てたと思ったらパッと起きてダッシュで二階に行き「ワワワン」とベランダで吠えていた姿は忘れられません。

強面だけれど、子供たち👦👦に広場でサッカーボール⚽💓♥❤を投げてもらい、取りに行くのが大好きな娘🐺でした。

 サッカーボールを見ると興奮して遊びたくて遊びたくてテンションが高くなり、ボール⚽をくわえると取られまいと逃げます。
 まるでサッカー選手のように💕💕
今でもその勇姿はよく覚えています

今夜は病院のベッドから在りし日の娘を偲びたいと思います。



『2008年8/8のブログ』から

(緑の文字は私の説明や感想です。)

Marloowe ran amok the other day.
This is what she has done to the room upstairs!?

Marlooweは雷が近頃、全く駄目です。
先日の雷で二階の書斎がこんな有様に?!


Marlooweとはボクサーの名前です。

 体と気持ちは大きくて怖いもの知らずですが1番苦手は雷⚡と花火🎆の音です。お世話をしてもらっていたAさんが帰った後に雷が・・

人間だったらこんな顔😱になってパニック🌀😱で二階に駆け足でダッダダーと跳んで行きハチャメチャにしてしまいました103.png

私が職場から帰って二階に行ったら後の祭り。
最初何が起こったのかと思ってびっくり仰天(@_@)

「ウワァッ何が起こったの」と叫んでしまいました。まるで泥棒に入られたみたいな現場。

雷⚡や花火が聞こえるとすぐ狭い場所に潜りこもうとするけど、そんな場所はないと分かると玄関前の柵を手で開けて下に下りてしまいます137.png

d0112879_22545929.jpg

I had not known she went mad and wild, leaving her as usual.

こんなことになるとは知らず、いつもの通り、さようなら~♪していました


7歳のマルちゃん
15歳の時にアニコム損保が
バッジをお祝い🎁🎂に作ってくれた。
その画像にもなったよ。
d0112879_22554679.jpg



どんぐり眼のマルちゃん、
今でもその姿をお母さんもおばちゃんもボーちゃんも、ようく覚えていますよ。

お姉ちゃんのボクサーの存在が大きかったからボーちゃんは一緒に散歩していても気が大きくなってましたね‼

1年前の今日、お姉ちゃんが亡くなってお姉ちゃんの前にご飯を置いたのに決して食べなかったね。食いしん坊なボーちゃんなのに、お姉ちゃんの事を尊敬していたのでしょうね、お母さんが風呂から出てきて見た時もご飯は手つかずのまま、あったのにはビックリしましたよ。お姉ちゃんを尊敬してたのかも。ボーちゃんもお姉ちゃんと過ごした日々を思い出していたのかな。

I took this photo today.
We had no thunders and lightenings today, but I had had her
in one of the houses; she seemed to know what I had on my mind.

これは、今日のMarlooweです。
今日は雷がゴロゴロしませんでしたが、念のため、ハウスに入ってもらい
帰ってきました。

Marlooweもこちらの考えていることが分かっているようでした。 

[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-25 22:42 | Comments(0)

今週の病院食☕🍞🌄

e0355140_10120482.jpg

『ある朝の病院食』

🍞二枚・牛乳・スクランブルエッグ・サラダ・バナナ。
食パンにはジャムとマーガリンがついている。
マーガリンは、いつもついているというくらい出る。たまにジャム2種類ということもあるけれど。

マーガリンはいつも残してしまう。
理由はマーガリンの成分について知ったら食べる気がしなくなったから・・

皆さんもご存知な方が多いと思うが
もう一度考えてみたい。
マーガリンの問題はトランス脂肪酸を含んでいる事である。
お菓子に使われるショートニングにも。

トランス脂肪酸とはいったい何だろうか?

『トランス脂肪酸とはマーガリン・スナック菓子・インスタント食品などに含まれる脂肪酸の一種で、簡単に言えば「加工された油脂」と思ってください。

トランス脂肪酸の正体原料は植物性油脂という「液体の油」なので、サラダ油のようなイメージですね。これを「人為的に加工」することで「固形化」してしてあります。

その加工によって一部が「トランス脂肪酸に変化」します。その分子構造を電子顕微鏡で覗くと「プラスチック製品」に非常に似ているので、トランス脂肪酸を「食べるプラスチック」と揶揄する研究者もいるそうです。

アメリカでは2013年に「使用を全面禁止」にする意向が発表されるなど、世界的に「健康に大きく支障を来たすもの」として認識されています。しかし日本では規制される事もなく「企業利益が優先」されるので、トランス脂肪酸が多く含まれる食品がどこでも販売されているという野放し状態です。』と載っていた。


トランス脂肪酸を多く含む食品の代表として挙げられるマーガリン。

「マーガリンがプラスチックだった」なんて聞くと食べる人はいないだろう・・




























[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-24 20:07 | Comments(0)

結婚指輪がはずれないよー

足首骨折の手術の前日、どうしても指輪が抜けない。
盲腸の手術以来、手術なんてしたことがなかったのに突然手術をすることになった。足首の骨折だから仕方ないか。
経緯は後程話す事に・・

手術で金属を付けているのは、よくないそうだ。

理由は
電気メスを使う手術では対極板を貼っています。
電気を安全に流すためにです。
もし指輪など金属があればそこに電流がいき火傷する可能性があります。」

そんな危険性があるなんて知らなかった😱


看護士が来て指輪をはずそうと試すが痛くてはずれない。他の看護士も挑戦してくれたが・・

「k先生なら、はずしてくれるんじゃない?」という事になり夜k先生が病室にきてくれた。(k先生は整形外科の先生)

どうやって指輪をはずすのか私はYouTubeで見たが、はずれるかどうか、心配だった。
最初はk先生も大変そうだったが何回もはずした事があるのだろう。10分もかからずに指輪がはずれたのにはびっくり(@_@)した。


右手にスマホを持ち、撮ろうと頑張っていたけれど焦点が合わず動画は失敗😵💧💧画像だけに😢

画像をよく見ると指輪に糸が通っているのが見えますか?

見た感じは痛そうだけれど、痛くはなかった。ただ、糸を指に少しきつめに巻き付けるのは、ちょっと辛い。



e0355140_10515437.jpg

でも、YouTubeとほとんど同じだったので見てね。



[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-23 11:47 | Comments(0)

ご無沙汰してます

e0355140_11025179.jpg
今、病院のベッドの上です。
不格好な左足のかかとを手術し金属棒が入ってます。実は足首を骨折してしまって金属棒で修復している最中なんです😭上の画像はギブスがゆるくなったので新しいギブスに替える前に撮ったものです。足はむくんで腫れて😢います。見苦しいですがご容赦ください。
そんな訳でブログを見る余裕もありませんでした😢

初めてスマホで今日アクセスしたら見に来て下さっている方達が結構いらっしゃるので(@_@)
ベッドの上で元気をもらえるなんて考えてもいなかったです。皆さんの訪問に励まされ、有り難いなあと思いました103.png1ヶ月半以上ブログを放置していたのに訪問者がいたなんて🙇
やっとブログを見てみようかなという気分になったのが今日ですから・・・
退院するのは年末でしょうか❔なかなかup出来ないと思いますが。また、よろしくお願いいたします😉👍🎶


[PR]
by wkxpn725 | 2017-11-20 19:25 | Comments(0)