人気ブログランキング |

娘といっしょ

maloowe.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ボクサー ( 66 ) タグの人気記事

今日は娘の月命日

昼間は暖かかったが、

いつ雪が降って来てもおかしくない程、冷えて来た。

今日はボクサーの月命日。

平成28年11月25日に旅立ってしまった娘(-_-;)

あと1カ月程で16歳を迎えるはずだった(-_-;)

お姉ちゃん(ボクサーの事)のことは昨日のことのように浮かんでくる。

未だに現れるような気がするよ。

e0355140_19420513.png



[疾走するボクサー]

本当に走るのが大好きだった。
画面の3人は合成したもの
e0355140_19071450.png
ポチパパの北村さんは、時には2、3時間も飼い主の相談に

電話でつきあう事もあるそうだ。

しかも無料で。

最近の私の記事に知人が紀州犬を飼っていたことを載せたが、

北村さん曰く「紀州のオスはいやらしい。散歩でダッシュしたら

飼い主のあばら骨が折れた」とYouTubeで言っていた。

北村さんの言う「いやらしい」とは大変だという意味だ。

ピットブルと同等に紀州犬はトレーニングに手がかかるということ。

ピット以上かもと北村さんは言っている。












by wkxpn725 | 2019-01-25 19:45 | Comments(0)

娘の月命日

在りし日の娘を偲んで

〈2007-09-26  21:01の記事から〉

緑文字は私の説明や感想

今朝、出かける前に宅配便で梨が届きました。

1個バッグに入れて、Marlooweたちのところに運びました。

早速、テーブルの上に置きました。

約6歳10ヶ月のころの娘、顔が少し白くなってきたなあ。
それにしても巨大な梨(@_@)
マルちゃんだって小顔ではないのに。

d0112879_20555270.jpg


大きいでしょう!?
Marlooweの頭より大きいです!?

この梨は新高という種類で、大きいのが特徴なのです。
それでも、この梨のサイズは大きいです。
私の住んでいるところでも梨を栽培している農家があります。
同じ種類のものでもこの半分のものが出まわっています。
このサイズのものは見かけたことがありません。

新高でもこんなに大きいのがあるんだね‼
ボクサー仲間からもらったような気がする。

早速、三人でいただきました。
みずみずしくて美味しかったです。

ところで、「しあわせはパリの黒い犬」のmegumillerさんが
愛犬のフレくんのくちびるについて書いていました

Marlooweのくちびるは一部ピンクのところがありました。
Juneと喧嘩をして噛まれたのか、他の原因かもしれません。
で、先日、また見直したところ、全部黒かったのです。
治るのにかなり時間がかかりましたが、元に戻ったようです。 

マルちゃんの唇は怪我で鬱血して黒くなってしまったようだ😵💧
たまにボーちゃんとやりすぎて気弱なボーに噛まれる事がある😭

あまり気にしてないけどね、マルちゃんは。
そこがマルちゃんの良いところ❕

お母さんはマルちゃんがいなくなって寂しいけどボーと頑張るから見守っていてね。

そうそう、ボーちゃんは少しスマートになったよ。


by wkxpn725 | 2017-12-25 14:14 | Comments(0)

娘の1周忌 Marloowe and thunders

今日は娘のボクサーの1周忌です。

もう、1年経つなんて信じられないくらい、娘はいまだに身近で大きな存在です。

里子のボーちゃんや子供と話している時も娘は話題にのぼって来ます。

と言ってもそこに悲壮感はありません。
みんな で楽しく過ごした事・ハプニング・二匹が仲良くなるまで大変だった事など、今ではそれも懐かしい思い出に・・

里子のボーちゃんに比べてお転婆娘だったボクサー。

天真爛漫でどの犬とも遊ぼうとして時には大きさとテンションが高いのが災いして敬遠された事もありました。

 でも、そんな事はおかまいなしのマルちゃんは根っからの明るい子でした。
ケンカをしようとしてるのではなく、どの子とも遊びたくてテンションが高いだけなのに・・

我が家の中心的存在と言っても言い過ぎではなかった娘。そんなお姉ちゃんのボクサーを里子のボーちゃんも頼りにしてました

家の中で寝てたと思ったらパッと起きてダッシュで二階に行き「ワワワン」とベランダで吠えていた姿は忘れられません。

強面だけれど、子供たち👦👦に広場でサッカーボール⚽💓♥❤を投げてもらい、取りに行くのが大好きな娘🐺でした。

 サッカーボールを見ると興奮して遊びたくて遊びたくてテンションが高くなり、ボール⚽をくわえると取られまいと逃げます。
 まるでサッカー選手のように💕💕
今でもその勇姿はよく覚えています

今夜は病院のベッドから在りし日の娘を偲びたいと思います。



『2008年8/8のブログ』から

(緑の文字は私の説明や感想です。)

Marloowe ran amok the other day.
This is what she has done to the room upstairs!?

Marlooweは雷が近頃、全く駄目です。
先日の雷で二階の書斎がこんな有様に?!


Marlooweとはボクサーの名前です。

 体と気持ちは大きくて怖いもの知らずですが1番苦手は雷⚡と花火🎆の音です。お世話をしてもらっていたAさんが帰った後に雷が・・

人間だったらこんな顔😱になってパニック🌀😱で二階に駆け足でダッダダーと跳んで行きハチャメチャにしてしまいました103.png

私が職場から帰って二階に行ったら後の祭り。
最初何が起こったのかと思ってびっくり仰天(@_@)

「ウワァッ何が起こったの」と叫んでしまいました。まるで泥棒に入られたみたいな現場。

雷⚡や花火が聞こえるとすぐ狭い場所に潜りこもうとするけど、そんな場所はないと分かると玄関前の柵を手で開けて下に下りてしまいます137.png

d0112879_22545929.jpg

I had not known she went mad and wild, leaving her as usual.

こんなことになるとは知らず、いつもの通り、さようなら~♪していました


7歳のマルちゃん
15歳の時にアニコム損保が
バッジをお祝い🎁🎂に作ってくれた。
その画像にもなったよ。
d0112879_22554679.jpg



どんぐり眼のマルちゃん、
今でもその姿をお母さんもおばちゃんもボーちゃんも、ようく覚えていますよ。

お姉ちゃんのボクサーの存在が大きかったからボーちゃんは一緒に散歩していても気が大きくなってましたね‼

1年前の今日、お姉ちゃんが亡くなってお姉ちゃんの前にご飯を置いたのに決して食べなかったね。食いしん坊なボーちゃんなのに、お姉ちゃんの事を尊敬していたのでしょうね、お母さんが風呂から出てきて見た時もご飯は手つかずのまま、あったのにはビックリしましたよ。お姉ちゃんを尊敬してたのかも。ボーちゃんもお姉ちゃんと過ごした日々を思い出していたのかな。

I took this photo today.
We had no thunders and lightenings today, but I had had her
in one of the houses; she seemed to know what I had on my mind.

これは、今日のMarlooweです。
今日は雷がゴロゴロしませんでしたが、念のため、ハウスに入ってもらい
帰ってきました。

Marlooweもこちらの考えていることが分かっているようでした。 

by wkxpn725 | 2017-11-25 22:42 | Comments(0)

動画の表紙が昨年の娘(-_-;)・風が強かったなあ

ラインの整理をしていたら昨年のボクサーが表紙になっている動画が

出てきたのでアップした。

「会いたいよーボクサーに」

この週に撮ったボクサーと行きつけの店が一緒になっている

懐かしい動画だ。

「時々、訪れる落ち着く店です。1人でも多人数でも気軽に入れます。正面の松ぼっくりは、巨大で右端が普通の大きさの松ぼっくりです。菜の花の左右の三角ハウスは全部お菓子でできていて、この店の職人さんの手作りです。この日に食べたお弁当が写ってます。」とコメントした。







今日の散歩は強風で砂埃も時々、舞って木の枝がたなびいていた。

そんな事は気にせず里子は散歩していたが・・。

池の水が強風で大きく揺れていたが、分かりにくいかなあ?


e0355140_18285712.jpg
e0355140_18292291.jpg

by wkxpn725 | 2017-02-21 18:36 | Comments(0)

娘の最期の姿を見てください

ボクサーが亡くなって1番心配したことは、

死後硬直が始まって腐ったり腐敗臭がしたりすることだった。

11月25日に亡くなり29日まで家に置いていた。

この間の我が市の温度を見ると以下のようだ。

25日 8℃/ー2℃
26日 11℃/1℃
27日 13℃/7℃
28日 13℃/7℃
29日 14℃/4℃
  (左最高気温・右最低気温)

e0355140_16212235.png



「獣医学辞典によれば、死後10分から数時間で始まり、心臓、横隔膜、

咬筋、前足、後ろ足、と進み、約24時間持続し、硬直が始まったのと

同じ順で解けていくと記載されています。

寒い今の時期は、
3日程度なら腐敗しません

腐敗が心配なら遺体の周りにドライアイスを置いてください。

温度と腐敗の進行速度は比例します」とある。


ある「ペット葬儀社」は死去後の処置として

外傷はないが、前日まで食事をしていた場合は冷蔵庫(冷凍室)の


保冷剤などを使ってお腹を冷やします。保冷剤はタオルなどでくるんで


お腹にあてがいます。あてがう場所はお腹だけで大丈夫です。こうした手当


をしても、ご遺体の保存は3日間が限度だとお考えください


3日間以上の保存については個人宅ではむずかしいものと考えて


ください。

  1. 外傷や手術痕がない
  2. 胃の中に食べ物が残っていない
  3. ドライアイスが入手できる
  4. 冬期で外気温が5℃以下
  5. 室内は暖房を使わない


などの好条件がそろわないと、3日以上の長期保存はできません。

ペット葬儀社にご相談することをお奨めします」とあった。



その時は夢中で5日間過ぎてしまったが・・。

昨年の今頃はボクサーの誕生日の1月2日のメニューが決まり、

メイン料理と手作りケーキを2日に作るのでワクワクしていた。

今年も亡くなる前「来年の誕生日は何を作ろうかなあ」と思っていた

矢先に亡くなってしまった娘。

あっという間の旅立ち。

以前のブログにその様子を載せているのでお読みになった方はご存知と

思うが、新年を迎えるに際し、心の整理をしたいと思い綴っている。

ドライアイスも保冷剤も何も使わず、エアコンもつけずにタオルと毛布を

掛けて寝ていたボクサー。

「腐ってきて臭うようになったら、どうしよう」という心配が1番最初に

頭の中をよぎった。

でも、亡くなったことの悲しみが深く、死後硬直の処置を考える余裕も

なく、あっという間に5日目を迎え斎場に行ったのだった。

結果は最後まで腐敗臭はなく、死後硬直もなかった。

子どもはボクサーの体が柔らかいので

「マルちゃんは、丸々のが好きだったから丸まったまま入れよう」と

小さめな段ボールを用意した。

私は「いくら体が柔らかくても小さめな箱は可哀そうだよ。」と

言って体を伸ばしたまま入る段ボール箱を作ってあげた。

 (元気な頃のボクサー。口の周りは左右とも真っ白だが、
  もちろん傷はない。今年1月撮影)
e0355140_16493986.png
(亡くなる前、動画では歯が当たってもっと真っ赤で
白い毛はとれて出血し、頬の肉が見えている。)
e0355140_16515790.png
(亡くなって5日目、上と比べると生きている時にあった傷がなくなり毛が生えている。
 分かりにくいと思うが黒いゴマひげもチョビチョビ。出棺の前にこれを見た時は本当に
 驚き鳥肌がたち、そこにいた者もビックリ(@_@)していた。これが現実だなんて!
 驚愕という言葉がぴったりな瞬間だった。)
e0355140_16552345.png

深い悲しみは今も残っているが、ペットロスにならずに前向きに

生きている自分を見た時、ボクサーのこの姿があったからだと

思えずにはいられない。

娘よ、本当にありがとう。ディズニーシーを左に見ながら高速を走らせ、

成田空港にあと20分の所にあるブリーダーの所に子供と行ったのを

昨日のごとく鮮明に思い出す。そこで飛び跳ねていたのが

我が娘だったのを。

たくさんたくさん思い出をもらい、癒してもらった。

娘には感謝の一語しかない。

本当に本当にありがとう!!

感謝の気持ちは止めどもなく続く・・。


知人にこの姿を話したら

「嘘でしょう、そんなことがあるなんて」と驚いていた。

毛が生えてたことを話すと

知人「えーどうして?」

私「体を持ち上げるとブランブランで生きてる時と同じだったよ。

  固くなっていなかったよ。」と言うと

知人「固いでしょう、手足はふにゃふにゃじゃないよ、ピーンと固いよ。」

と言い、

知人「顔とシッポは曲がるよ。でも後は固いから箱に合わせて

   曲げるんだよ。」

私「曲げるも何もないよ、ふにゃふにゃで好きな形にできるから。」

知人「これから猫を連れて病院へ行くから先生にそんなことは、

   ありますか?と聞いてみるね。」

私「実物を見せてあげたかったなあ。後で画像を見せるね。」

知人「悲しいよね、幸せだった?ご飯美味しかった?痛くはなかった?

   聞いてみたいよね。」

ここには娘の体全体は載せていないけれど、

知人には亡くなって抱っこした時に

何もしなくても自然と足が色々の角度に曲がっている画像も見せたい。


「今度会った時に画像を見せるね」と約束した。




by wkxpn725 | 2016-12-30 18:38 | Comments(0)

強迫観念症とペットロス

ずっと前、動物病院でシーズーの男の子を抱いた女性が受付の人に

「○○ちゃんがいなくなったら、どうしよう。生きていけないは・・」

と言っているのを聞いたことがある。

それだけ溺愛しているのだろうなあと、当時は思っていた。

そういう私もボクサーの介護生活が始まって

いつか亡くなると分かっていても

正面から受け止めることが出来ず

「どうしよう、いなくなったら?」と

ふと思う事があった。

でも、そのくらいで済んでいるのだから、

強迫観念症には ならなかった。


e0355140_23033443.png


「亡くなったらペットロスになるかも知れないなあ」

なんて考えていた。

でも、ならなかった。

「もしかすると、しばらく泣き暮らしているかも?」

と思ったこともあったがポジティブな自分でいられる事が、

却って自分ながらビックリしている。

里子がいるから?

自分に問い直してみたが違う。

里子がいる、いないは関係ない。

じゃあ、どうして?

「ああすれば良かったかなあ」と思うことはあっても。

介護していると辛いことも沢山あった。

でも、その中で希望を見い出して

「この方法がダメなら他の方法でやってみよう」とか

「この食べ物ではなく、あの食べ物にしよう」とか、

調べて調べて色々な方法に変えてみた。

変えて上手くいく時といかない時があっても、

諦めずに次の方法を模索した。

ボクサーの最期が安らかだった事も

ペットロスにならなかった最大の理由かも知れない。

決して愛犬との思い出は忘れられるものではないが、

「かわいそうな子がいたら助けてあげたい。

 ボーちゃんと仲良くできるようだったら里子に迎えてもいい。」

 という気持ちにもう、なっている自分に我ながらビックリしている。

愛しい娘を忘れることは、できないが。



悲しいし寂しいけれど、ペットロスには、なっていない自分に

「精神的にたくましいなあ」と客観的に見ている自分がいた。


e0355140_20015204.png
雪を見ている在りし日のボクサー。

ボクサーが首に巻いている物は、

私が高校生の時、家庭科の時間に棒針で編んだ赤ちゃん用の掛け物。

by wkxpn725 | 2016-12-15 23:55 | Comments(1)

斎場の選び方や焼骨について

斎場を選ぶ基準で多かったのは「専用のセレモニーホール」と

個別火葬ができる設備があるかに焦点をおく人が多いそうだ。

葬儀後にあって良かったと改めて思われた人も多いようだが

落ち着いた中でしっかりと弔うことで、飼い主さんの気持ちも落ち着き、

穏やかに後悔のないペット葬儀が執り行えることだと思う。

人任せにすると山に遺体を捨てられたり他の犬の骨が来たりなんていう悪徳業者もいるとか。

今回は初めての葬儀だが、

専用のセレモニーホールと個別火葬ができる設備も

整っていてお別れもゆっくり丁寧にできた。

人間の時と変わらない。

係りの方は礼服を着て人と同じように接してくれた。


斎場を紹介してくれたAさんとの録音を元に話したいと思う。


<焼骨の様子について>

Aさん「どうだった?」

私  「頭蓋骨もしっかり残っていてそのまま、つぶさないで入れたよ。

    人間の骨壺と同じ物で上から2番目の大きさだった。」

Aさん「体が大きいからね。家の犬は癌で亡くなったから悪い所は粉になってたよ。」

私  「頭もそのまま残っていて、粉は少しだけで係りの人が小箒で最後に入れたよ。

    ここはあばら骨ですね、これは肩の骨ですか・・と確認しながら一つずつ

    ゆっくり入れられたよ。」

Aさん「立派な体だったんだね。もう1匹が寂しがっていない?」

私  「普段からくっついている訳じゃなかったから。」

Aさん「猫は、どんなに仲良しでも死んでると見ないよ。」
   (Aさんの家は10数匹猫がいる。18年前に犬が1匹いた。)

私  「里子も寂しい気持ちは、あると思うよ。」
   
Aさん「人間と同じだね。」

私  「斎場でゆっくり出来たから良かった」

Aさん「向こうの人が動物に寄り添ってやってくれたんだね。

    中には、動物だと乱暴にサッとやったりする所もあるよ。」

私  「急がせることをしなかったよ。」


そこの斎場で出来て本当に良かったと思う。

立派な骨だったなあ、生きている時と同じように骨が残っていた。

いろいろ思い出しながら悲しみの中でもボクサーに感謝しながら

最期のお別れと骨あげができて本当に良かった。

焼骨の時は人間用と同じ待合室で田舎の家人と待っていたよ。

いろいろ思い出に耽りながら。

心のこもった接し方をしてくれた係りの方に、感謝。

自分のペットが亡くなったように寄り添ってくれた。




e0355140_14045588.png
家は普通の骨壺だけれど、上のような骨壺もある。

骨壺には見えないよね。







by wkxpn725 | 2016-12-12 19:04 | Comments(0)

16歳の誕生カードが届いた

e0355140_13122783.jpg

昨夜、帰ったらボクサーの誕生カードがアニコムから届いていた。

市の環境課には死亡届を出したのだが、

「アニコムに連絡しないと・・」と思っていた矢先だった。

まだまだと思っていたのでカードを見るのが辛い(-_-;)


最期の1週間は余り食べられなかったし、

1カ月ほど前から少食になっていたので

あばら骨が見えるようになってしまった。

亡くなる6日前に鼻詰まりの薬をもらいに行き、先生と話した。

先生はボクサーが7月に緊急で行った時に見ていたので

「もう、あの時ダメかなあ」と思ったと言われた。

それがよく持っていると・・・。


         亡くなってから4日目(娘と一緒に撮る。)
e0355140_13155258.png



一昨日、斎場を紹介してくれたAさんに事後報告をした。

その時の録音を少し書き起こしてみた。(続きは時間がないので明日)

この録音アプリは無料と有料がある。

普通に使うなら無料で充分だ。

この無料アプリが317049件使われているそうだ。

とても便利なアプリだ(^_-)-☆(評価4.4)







by wkxpn725 | 2016-12-08 18:56 | Comments(0)

3年前の娘たち・斎場に行く用意

本当に懐かしいツーショット。

これは田舎に連れて行った時の娘たち。

寒いから毛布を敷いて居間にいるところだ。


e0355140_16060419.png




ボクサーが亡くなって3日目の朝(11/27 日耀)斎場に電話した。

そこは公益財団法人で人間の火葬が5基・生き物が1基できる施設だ。

係りの方に「自分で予約の時刻の20分前に搬入してください。

段ボールの大きさは縦1m・横60cm・高さ50cmを出ないように

お願いします。

箱に入れられる物はお花とタオルです。それ以外は入れないで下さい。

犬を入れる時、ビニール袋に入れて下さい。箱の上に頭のほうが

かるように印をつけて下さい。」と言われた。

服を着せてはダメと言われたので出棺の前に服を着せて撮った。

斎場へ行く日は29日と30日が空いていたので

29日の夕方4時に決まった。

昨日、斎場を紹介してくれたAさんに事後報告をしたら

「なかなか予約するのも混んでいて5日後ということもあるよ。」

との話だった。

続きは後日に・・。



by wkxpn725 | 2016-12-06 16:37 | Comments(0)

斎場はどこにしようか?・さかい企画からお歳暮

何かと気ぜわしい毎日を送っているが

毎月1日にあげるフィラリア予防薬を12月は忘れ、

今日になってしまった。

里子にあげながらボクサーの分がポツンと残っている現実。

こんな事からもボクサーがいなくなった寂しさを感じる。




ボクサーが亡くなって2日目の11月26日(土曜)、

生き物は、いつか亡くなると分かっていても

斎場を調べる気にはならなかった。

考えたくなかったというのが本当の所かも知れない。

重い腰を上げてやっと「斎場をどこにしようか?」と県内の斎場を調べた。

口コミも見たが・・「ウーンどこがいいのだろう、分からない。」

そこで26日の夜に猫をたくさん飼っている知人に聞いてみた。

「Aさんと私は◇◇でやったけど、

 猫友二人は○○がとっても良かったと言ってるよ。」

という情報からネットで調べ直し、○○に決めた。

いやな事は考えたくないから結局ボクサーが亡くなって

2日目に斎場が決まった。

27日の朝に斎場に電話して日日と用意する物をメモした。
(詳細は後程)



e0355140_19531791.jpg





今日、さかい企画から注文品と一緒にお歳暮が届いた。

去年はオリーブオイル(ジャムもあったかな?)

今年はソーセージとベーコンだった。

個人的にはオリーブオイルがいいな。

でも、いただけるだけ有難い。

さかい企画のオリジナルだ!




おまけは今朝のボーちゃん

e0355140_20063721.jpg



by wkxpn725 | 2016-12-05 20:22 | Comments(0)